月は我が家

つきはわがや
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「薔薇はなぜ紅い」「お人好しの仙女」のマーガレット・サラヴァンが「東への道」「恋の歌」のヘンリー・フォンダと「愛と光」「ハアさんの捕物長」のチャールズ・バターウォースを相手に主演する映画で、フェイス・ボールドウィンの小説をイザベル・ドースンとボイス・デゴウが協力脚色し「ロバータ」「本人出現」のウィリアム・サイターが監督に当たり、「青春争覇戦」のジョセフ・ヴァレンタインが撮影したもの。助演俳優は「南風」のビューラ・ボンディ、「心の緑野」のヘンリエッタ・クロスマン、「東への道」のマーガレット・ハミルトン、「バーバリー・コースト」のウォルター・ブレナン、「人生は42から」のルシアン・リトルフィールド、「小牧師(1934)」のドロシー・スティックニー、ブランドン・ハースト等である。

「月は我が家」のストーリー

チェリィ・チェスターは名家の生まれで一夜にしてスターになった映画女優であった。彼女のわがままな気の強さには、秘書のボイス女史もほとほと持て余すときが多かったが、しかし根は男みたいにサッパリした気性だったのである。スターの例に洩れず、色々なスキャンダルが噂に上るので、祖母のルシィは彼女の身の上を心配して、名門のホレスと結婚させるため、危篤の偽電報でハリウッドからニューヨークへ呼び返した。その汽車に有名な旅行小説家アンソニー・アンバートンが乗っていたが、チェリィは小説家など眼目になかったしアンソニーは映画なんか大嫌いなので、お互いに部屋に閉じこもって顔も合わせなかった。チェリィはニューヨークで偶然のことからジョン・スミスという男と知り合いになり、ホレスとの結婚を避けるため、行方をくらましてスミスの行っているムーンソケットという田舎へ遊びに行った。彼女はスミスには本名のセーラ・ブラウンと名乗ったが、二人は恋に落ちて結婚した。しかしスミスとは実はアンソニー・アンバートンの本名であることを彼女は気づかなかったし、彼の方でもセーラが映画女優チェリィであることは知らなかったのである。アンソニーはチェリィの常用する香水が大嫌いで新婚の旅宿で喧嘩が起こり、二人は別々にニューヨークへ帰った。だが別れてみるとお互いに恋しくなりチェリィはジョンの行方を調べたが判らず、アンソニーもニューヨーク中のセーラ・ブラウンという女を調べたが判らなかった。そのうちにアンソニーは旧友のホレスに会いホレスは婚約披露会に彼を招待した。その席でアンソニーは初めてセーラの身分を知り、ホレスの許婚であることを知って彼女を離婚する決心をした。しかし彼はチェリィを諦められなかった。そしてアンソニーから事情を聞いたルシィの計らいで、彼はホレスと旅行しようとしているチェリィを強奪したのであった。

「月は我が家」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「月は我が家」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1936
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社輸入
レイティング

「月は我が家」のみんなのレビュー

「月は我が家」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません