血ぬられし欲情

ちぬられしよくじょう
上映日
1953年3月7日

製作国
アメリカ

上映時間
110分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「摩天楼」のヘンリー・ブランクが1952年に製作した活劇でポール・I・ウェルマンの原作小説を「モンタナ(1950)」のジェームズ・R・ウェッブが脚色、「拳銃無宿」のゴードン・ダグラスが監督した。撮影は「地球最後の日」のジョン・サイツ、音楽は「遠い太鼓」のマックス・スタイナーである。主演は「烙印」のアラン・ラッドと「ダニー・ケイの牛乳屋」のヴァージニア・メイヨで、「最後の無法者」のジョセフ・カレイア、フィリス・カーク、アルフ・シェーリン、ダグラス・ディックが助演。

「血ぬられし欲情」のストーリー

1825年、ジム・ボウイ(アラン・ラッド)は材木を売るためにルイジアナの未開地からニュー・オーリンズを訪れ、そこで逢ったジュダロン(ヴァージニア・メイヨ)の美貌に魅せられてしまった。決闘を挑んだライバルを倒した彼は、財産を得て彼女と結婚しようとして賭博師と組んで競馬に自分の馬を出し恋仇のモレノの持馬には勝ったが、ジュダロンはすでにフィリップという男と結婚していた。競馬に負けたモレノは待ち伏せしてジムを殺そうとしたがジムの“ボウイ・ナイフ”によって命を失った。しかしジムも賭博師の罠にかかってナイフを失い瀕死の重傷を負い、ちょうど通りかかったユルスラの看護で一命をとりとめた。ジムは彼女に求婚したが、彼女はジムの本心をはかりかねて断った。商用で出かけたジムはミズーリ河の渡船で偶然ジュダロンとフィリップにあった。一方依然ジムをつけ狙っていた賭博師は3人を待ち伏せ奪ったナイフを投げつけたが一瞬早くフィリップのピストルが賭博師をたおし、手もとの狂ったナイフはフィリップの命を奪ってしまった。ジュダロンはかわらぬ好意をジムに告げたが、彼はひとり、ユルスラのもとへ去っていった。

「血ぬられし欲情」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「血ぬられし欲情」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1952
公開年月日 1953年3月7日
上映時間 110分
製作会社 W・B映画
レイティング
カラー/サイズ カラー

「血ぬられし欲情」のみんなのレビュー

「血ぬられし欲情」のレビューを書く

「血ぬられし欲情」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?