超速大陸争覇

ちょうそくたいりくそうは
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「湾岸警備船」のジョン・ウェインが主演する映画で、ハーマン・ボクサーの原作をスコット・ダーリングが脚色、アーサー・ルービンが監督に当たり、ハリー・ニューマンが撮影した。助演は「我が家の誇り」のルイズ・レティマーを始め、「結婚設計図」のロバート・マクウェード、「黒地獄」のタリー・マーシャル、「市街戦」のセオドア・フォン・エルツ等である。

「超速大陸争覇」のストーリー

バスの運転手ビフ・スミスは町の人気者であったが、恋人メリービフに彼女の兄チャーリーと協力してトラック運送業をやるように勧めていた。ある時チャーリーは商売仇バデュラに邪魔をされ車は運転不能に陥った。ビフは会社のバスを利用して彼の急場を救った。メリイは故意にバス会社へ密告してビフをクビにさせ、望み通り彼をチャーリーと同業者にした。ある日ビフはバデュラに仕返しをしようと大乱闘になり警察に拘留される。この間にチャーリーはビフに代わって爆薬輸送のトラックを運転した。バデュラは運転手をビフと思い込みトラックを妨害したので、そのためチャーリーは爆死してしまった。メリー一家はビフをウランで町を立去った。職を失ったビフは拘留で知り合いになった魚商マッコウクルと合回で鮮魚運搬をしていたが、ふとしたことからコリガン・トラック会社の社長に認められて入社した。シカゴのS・E・P貨物鉄道はこと毎にコリガン社に悪意を示すので、ビフは詰問に行ったところ、そこの支配人はかつて町でメリーに求愛していたギフォードだった。彼はメリーの愛を得るため彼女を秘書にしていたが、ビフには彼女の居所は知らさなかった。その頃飛行機材料会社からロサンゼルスまで四日間に貨物輸送を依頼して来たが、S・E・Pはこの降雨期にそれは不可能だと引き受けなかった。これを洩れ聞いたビフはコリガンに秘してその契約を取った。ギフォードも意地から仕事を引き受けたので、ここに鉄道とトラックの猛烈な競争が始まる。吹雪の中、両者の争は激しかったが形勢はトラックに有利である。これを知ったギフォードはバデュラとメリーと共に車で先廻りせんとする途中、車は転覆しバデュラは一切を告白して死んだ。かくてビフは競争に勝った上メリーを腕に抱いた。

「超速大陸争覇」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「超速大陸争覇」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1937
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 ユニヴァーサル支社
レイティング

「超速大陸争覇」のみんなのレビュー

「超速大陸争覇」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません