超高性能兵器 サイクロン

ちょうこうせいのうへいきさいくろん
上映日
1987年9月12日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション SF

ここが見どころ

ハイテク・モーターサイクルをめぐり国際的陰謀組織に恋人を殺された女性ライダーの戦いを描いた近未来アクション・アドヴェンチャー。製作はポール・ハーツバーグ、製作補はニール・ランデル、監督は日本初登場のフレッド・オーレン・レイ、脚本はポール・ガースン、撮影はポール・エリオット、音楽はデイヴィッド・A・ジャクソンが担当。出演はヘザー・トーマス、ジェフリー・コムスほか。

「超高性能兵器 サイクロン」のストーリー

コンピュータ制禦によるレーザー兵器とミサイル・システムを持つハイテク・モーターサイクル“サイクロン”を製造中の発明家リック・ダヴェンポート(ジェフリー・コムス)は、大気中の水素をエネルギーに変換する装置“ブラック・ボックス”を発明したが、世界の政治的なバランスをくつがえすであろうその驚異的パワーを知りつくしているゆえに、仕事の依頼主であるアメリカ政府にさえそのことを秘密にしてきた。“サイクロン”がついに完成、ガール・フレンドのテリー・マーシャル(ヘザー・トーマス)と共にディスコで祝盃をあげている最中の2人に謎の2人組ロルフ(ダー・ロビンソン)とへンナ(ドーン・ワイルドスミス)が襲いかかる。リックは即死、テリーは命がけで逃げ出した。警察の捜査が始まった。テリーに接近してきた政府のエージェント、ウォーターズ(マルティーヌ・ベズウィック)とノールズ(ロバート・クォーリー)はリックは“サイクロン計画”のために殺されたといい、テリーに護衛をつけた。家に帰ったテリーは、政府で唯一信頼できる男ボブ(トロイ・ドナヒュー)を頼れというリックの生前のメッセージを発見、サイクロンを駆ってボブの元に急ぐが再び現われた殺し屋のためにボブは殺されてしまう。2人組を雇っていたのは武器の密輸業者ボサリアン(マーティン・ランドー)で、その狙いはもちろんサイクロンだった。友人の裏切りによって一味の手に落ちたテリーだが、女性捜査官ウォーターズに助けられ、サイクロンのハイテク兵器を使ってロルフらに戦いを挑んでいった。

「超高性能兵器 サイクロン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「超高性能兵器 サイクロン」のスペック

基本情報
ジャンル アクション SF
製作国 アメリカ
製作年 1986
公開年月日 1987年9月12日
製作会社 シネテル・フィルム作品
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「超高性能兵器 サイクロン」のみんなのレビュー

「超高性能兵器 サイクロン」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません


「超高性能兵器 サイクロン」を観ているあなたにおすすめの映画