断崖の河

だんがいのかわ
上映日
1962年3月3日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション

ここが見どころ

ハロルド・ジャコブ・スミスの原作をもとに、「硫黄島の砂」「逮捕命令」の監督アラン・ドワンが演出したアクション・ドラマ。脚本は原作者スミスとジェームズ・レイセスターが共同で執筆。撮影は「西部に賭ける女」のハロルド・リップスティン、音楽はルイス・フォーブスが担当した。出演は「リスボン」のレイ・ミランド、「ナバロンの要塞」のアンソニー・クイン、デブラ・パジェットなど。

「断崖の河」のストーリー

スポーツカーに乗った紳士、実は詐欺師で殺し屋のデニング(レイ・ミランド)が、サンフランシスコからベン・キャメロンを訪ねてやってきた。ベン・キャメロン(アンソニー・クイン)は、朝鮮戦争から退役してデニングの女友達メグ(デブラ・パジェット)と結婚、この地ニューメキシコで牧場を経営し狩猟者の案内人をやっている。デニングは、盗んだ100万ドルを収めたスーツケースを持ち、国境を越えてメキシコに逃げようとしていた。彼はベンを利用し、険しい裏街道沿いに逃げ、その後でメグを奪い返してからベンを殺してしまおうともくろんでいた。デニングが、ベンの牧場に着いたとき、夫婦喧嘩のあげくメグはベンのもとから出て行くところだった。デニングはそんなメグを伴って逃避行へと旅立った。一方、ベンはメグとの和解を求めて2人を追った。そして2人の対決--はデニングの勝利となり、ベンは2人の道案内を強いられた。そして続けられる困難な旅、2人の男は火花を散らすのだが、その間にも、次々と事もなげに人を殺すデニングを見るにつれ、ベンとメグは互いに助け合わねばと決心するのだった。2人の男は、たえず相手のスキをうかがっていたが、ついにデニングはベンを襲った。そして、ベンの足は大きな石の下敷きとなった。デニングはようやく国境を越え、メキシコへたどり着いた。その時、1台の車が突進してきてヘッドライトに目がくらんだデニングはあっという間に断崖へ--。河原では、次々と流れてくるデニングの100ドル札をかき集めているメグとベン。近くにはデニングの死体が横たわっていた。やがて2人は、いくらでも流れてくる紙幣集めに興味を失っていった。

「断崖の河」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「断崖の河」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1957
公開年月日 1962年3月3日
製作会社 二十世紀フォックス映画
配給 昭映フィルム
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「断崖の河」のみんなのレビュー

「断崖の河」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/22

ジム・ジャームッシュ(1953)

デッド・ドント・ダイ

第72回カンヌ国際映画祭のオープニングを飾ったジム・ジャームッシュによるゾンビ・コメディ。アメリカの田舎町で、次々と墓場から死者が蘇る事態が発生。3人だけの警察署で勤務するピーターソン巡査や葬儀屋のゼルダが退治するが、ゾンビは増殖していく。出演は、「ゴーストバスターズ」のビル・マーレイ、「パターソン」のアダム・ドライバー、「サスペリア」のティルダ・スウィントン、「荒野にて」のクロエ・セヴィニー。

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。
生田絵梨花(1997)

あさひなぐ

こざき亜衣による同名漫画をアイドルグループ乃木坂46出演で舞台化&映画化するプロジェクトの映画版。二ツ坂高校なぎなた部に入部した東島旭。圧倒的な強さを誇る先輩・真春ら部員たちと過酷な練習の日々を送るなか、旭はひたむきになぎなたと向き合っていく。主人公の東島旭役には映画初出演にして初主演の西野七瀬、旭の憧れの先輩でなぎなた部のエース・宮路真春役に白石麻衣、ほかに桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、生田絵梨花ら乃木坂46メンバーが出演。「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の富田望生、「愚行録」の中村倫也、「ちはやふる」の森永悠希、「くちびるに歌を」の角替和枝、「PとJK」の江口のりこが脇を固める。監督・脚本は「ヒロイン失格」の英勉。

超能力研究部の3人

アイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未主演、「もらとりあむタマ子」の山下敦弘監督による異色アイドル映画。大橋裕之の連作短編漫画『シティライツ』を原作にした作品とメイキング風ドキュメンタリーを掛け合わせながら、3人のアイドルの“リアル”と“嘘”を映し出す。脚本は「苦役列車」のいまおかしんじと「もらとりあむタマ子」の向井康介。