誰が私を殺したのか?

だれがわたしをころしたのか
上映日
1964年7月4日

製作国
アメリカ

ジャンル
サスペンス・ミステリー

ここが見どころ

ライアン・ジェームズの原作をアルバート・ビーチとオスカー・ミラードが脚色、ポール・ヘンリードが演出したサスペンスドラマ。撮影は「何がジェーンに起こったか?」のアーネスト・ホーラー、音楽はアンドレ・プレヴィンが担当した。製作はウィリアム・H・ライト。出演は「何がジェーンに起こったか?」のベティ・デイヴィス、「西部開拓史」のカール・マルデン、「荒野の3軍曹」のピーター・ローフォード、「5月の7日間」のジョージ・マクレディ、「ミスタア・ロバーツ」のフィリップ・ケイリー、モニカ・ヘンリードなど。

「誰が私を殺したのか?」のストーリー

双生児の姉妹エディス(ベティ・デイヴィス)とマーガレット(ベティ・デイヴィス2役)は、マーガレットの夫フランクの葬儀場で18年ぶりに再会した。かつてエディスはフランクを愛していたが、マーガレットが策略で彼を奪い去ったのだ。フランクが死んだ今、マーガレットはエディスを自分の邸宅に招いた。しかし、そこにはいるはずのマーガレットの子供はいず、赤ん坊のころに死んだといいわけした。しかしその夜車で帰る途中エディスは老運転手からマーガレットが1度も子供を生んでないことを聞かされ、マーガレットへの憎しみを増した。暮らしも切迫し、エディスはマーガレット殺害を計画した。エディスはその夜マーガレットを自室へ呼び出し、殺してマーガレットになりすました。が、そんなある日、マーガレット家で親友の帰国を祝うガーデン・パーティーが開かれた時、客の1人トニー(ピーター・ローフォード)に部屋に押しこまれ、抱擁された。トニーはマーガレットの秘密の恋人であった。翌日エディスは欧州へ旅立とうとしたが、エディスの行動に不審を感じたトニーに引き戻され、マーガレット殺害を自白した。トニーは、それをタネに金儲けを企んだが、ふとしたことからエディスは、マーガレットとトニーが共謀してフランクを毒殺したことを知り、トニーに迫った。トニーはエディスを殺そうとしたが、エディスの愛犬のためにかみ殺された。エディスはマーガレットのフランク殺しで逮捕された。そしてエディスは自分がマーガレットでないことを告白したが、誰も相手にしてくれずそのまま死刑を宣告された。

「誰が私を殺したのか?」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「誰が私を殺したのか?」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1964
公開年月日 1964年7月4日
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ブラザース
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード

「誰が私を殺したのか?」のみんなのレビュー

「誰が私を殺したのか?」のレビューを書く