打撃王

だげきおう The Pride of the Yankees
上映日
1949年3月8日

製作国
アメリカ

上映時間
128分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

連続2130回の試合に出場して「鉄人」といわれた野球選手ルー・ゲーリッグの1代記映画で「オペラ・ハット」「モロッコ」のゲイリー・クーバーが主演するサミュエル・ゴールドウイン1942年作品。ストーリーは作家のボール・ガリコが書きおろし「西部を駆ける恋」のジョー・スワーリングと「クリスマスの休暇」のハーマン・J・マンキーウィッツが協力脚色し「恋愛手帖」「嵐の青春」のサム・ウッドが監督し「南部の人」「孔雀夫人(1936)」のルドルフ・マテが撮影した。主役クーパーの相手は、「我等の生涯の最良の年」のテレサ・ライトで先ごろ故人となったベーブ・ルースを始め、ビル・ディッキー、ロバート・ミューゼル、マーク・ケーニッヒ、ビル・スターン等ヤンキース・チームの名手が自ら出演する。

みんなのレビュー

「打撃王」のストーリー

ニューヨーク市の貧民街に生まれたるー・ゲーリッグは、11歳の少年のころから大リーグ野球選手になりたいと思っていた。しかし彼の母はコロムビア大学の寄宿のコックをしていて、息子を偉い機械技師にするために勉強させたがった。ゲーリッグは給仕をして苦学し、コロムビア大学に進み、蹴球チームのフルバック、野球チームのピッチャーとして活闘した。大学では金持ちの子弟のある者は貧しい苦学生のゲーリッグを嘲弄したが、彼は毅然として屈しなかった。ある新聞のスポーツ記者サム・ブレイクは、ゲーリッグの素質を認めて、ニュー・ヨーク・ヤンキースの監督ミラー・ヒギンスに紹介しようといったが、彼はかつがれてると思ってブレイクを追い払った。しかし彼の言は真実でゲーリッグはヒギンスに契約され、ハートフォードで本格的に野球技を仕込まれることとなった。母は彼がハーヴァード大学の機械科で勉強していると信じているので、彼の週給25ドルは、父が政界で得ている報酬という事にしなければならなかった。23年間小リーグ生活をした後、ゲーリッグはヤンキースに迎えられ、彼の母もついに息子が野球選手であることを知ったが、ゲーリッグがたちまち人気スターとなったので、彼女は熱心な野球ファンになった。シカゴでホワイト・ソックスとの試合中、ウォーリー・ピップが登場したので、ヒギンスはゲーリッグを代わりに出した。興奮した彼はグラウンドに置き並べてあるバットにつまづいて転んだ。観衆の1人の女が鳥もち足と野次ると、全スタンドがそれに和して野次った。その夜ゲーリッグはその先頭を取った美人と会って恋におちた。それから数ヵ月後ゲーリッグは、彼女エリナー・ツウィッチェルに愛を告白した。その年ヤンキースはセント・ルイス・カーヂナルスと、世界野球選手権試合を戦い、ゲーリッグはホームラン2本飛ばして、ベープ・ルースに打ち勝った。試合後彼はラヴという1語の電報を受取った。すぐさまシカゴに急行したゲーリッグは、就寝中のエリナーをたたき起こして求婚した。そして2人は結婚し、ゲーリッグは連続2千回試合に出場した。この大記録を打ち立てたゲーリッグは国家的英雄の1人であった。春の練習中彼はスランプに陥っていることとを自覚して辞職した。2130回連続出場した鉄人ゲーリッグも、小児マヒには勝てず、自らアウトを宣告しなければならなかったのである。1939年7月4日、ヤンキー・スタジアムには6万2千名の野球ファンが集まり「ルー・ゲーリッグの日」を催してゲーリッグ多年の功績を称賛した。彼は感泣しながら、私は不運などころか、今日は地球上で第1の好運児ですと言って、ファンに感謝した。

「打撃王」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「打撃王」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1942
公開年月日 1949年3月8日
上映時間 128分
製作会社 サミュエル・ゴールドウィン映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
音量 モノラル

「打撃王」のみんなのレビュー

「打撃王」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。