打撃王

だげきおう The Pride of the Yankees
上映日
1949年3月8日

製作国
アメリカ

上映時間
128分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

連続2130回の試合に出場して「鉄人」といわれた野球選手ルー・ゲーリッグの1代記映画で「オペラ・ハット」「モロッコ」のゲイリー・クーバーが主演するサミュエル・ゴールドウイン1942年作品。ストーリーは作家のボール・ガリコが書きおろし「西部を駆ける恋」のジョー・スワーリングと「クリスマスの休暇」のハーマン・J・マンキーウィッツが協力脚色し「恋愛手帖」「嵐の青春」のサム・ウッドが監督し「南部の人」「孔雀夫人(1936)」のルドルフ・マテが撮影した。主役クーパーの相手は、「我等の生涯の最良の年」のテレサ・ライトで先ごろ故人となったベーブ・ルースを始め、ビル・ディッキー、ロバート・ミューゼル、マーク・ケーニッヒ、ビル・スターン等ヤンキース・チームの名手が自ら出演する。

みんなのレビュー

「打撃王」のストーリー

ニューヨーク市の貧民街に生まれたるー・ゲーリッグは、11歳の少年のころから大リーグ野球選手になりたいと思っていた。しかし彼の母はコロムビア大学の寄宿のコックをしていて、息子を偉い機械技師にするために勉強させたがった。ゲーリッグは給仕をして苦学し、コロムビア大学に進み、蹴球チームのフルバック、野球チームのピッチャーとして活闘した。大学では金持ちの子弟のある者は貧しい苦学生のゲーリッグを嘲弄したが、彼は毅然として屈しなかった。ある新聞のスポーツ記者サム・ブレイクは、ゲーリッグの素質を認めて、ニュー・ヨーク・ヤンキースの監督ミラー・ヒギンスに紹介しようといったが、彼はかつがれてると思ってブレイクを追い払った。しかし彼の言は真実でゲーリッグはヒギンスに契約され、ハートフォードで本格的に野球技を仕込まれることとなった。母は彼がハーヴァード大学の機械科で勉強していると信じているので、彼の週給25ドルは、父が政界で得ている報酬という事にしなければならなかった。23年間小リーグ生活をした後、ゲーリッグはヤンキースに迎えられ、彼の母もついに息子が野球選手であることを知ったが、ゲーリッグがたちまち人気スターとなったので、彼女は熱心な野球ファンになった。シカゴでホワイト・ソックスとの試合中、ウォーリー・ピップが登場したので、ヒギンスはゲーリッグを代わりに出した。興奮した彼はグラウンドに置き並べてあるバットにつまづいて転んだ。観衆の1人の女が鳥もち足と野次ると、全スタンドがそれに和して野次った。その夜ゲーリッグはその先頭を取った美人と会って恋におちた。それから数ヵ月後ゲーリッグは、彼女エリナー・ツウィッチェルに愛を告白した。その年ヤンキースはセント・ルイス・カーヂナルスと、世界野球選手権試合を戦い、ゲーリッグはホームラン2本飛ばして、ベープ・ルースに打ち勝った。試合後彼はラヴという1語の電報を受取った。すぐさまシカゴに急行したゲーリッグは、就寝中のエリナーをたたき起こして求婚した。そして2人は結婚し、ゲーリッグは連続2千回試合に出場した。この大記録を打ち立てたゲーリッグは国家的英雄の1人であった。春の練習中彼はスランプに陥っていることとを自覚して辞職した。2130回連続出場した鉄人ゲーリッグも、小児マヒには勝てず、自らアウトを宣告しなければならなかったのである。1939年7月4日、ヤンキー・スタジアムには6万2千名の野球ファンが集まり「ルー・ゲーリッグの日」を催してゲーリッグ多年の功績を称賛した。彼は感泣しながら、私は不運などころか、今日は地球上で第1の好運児ですと言って、ファンに感謝した。

「打撃王」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「打撃王」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1942
公開年月日 1949年3月8日
上映時間 128分
製作会社 サミュエル・ゴールドウィン映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダ-ド
音量 モノラル

「打撃王」のみんなのレビュー

「打撃王」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。