或る女(1937)

あるおんな
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「札つき女」「化石の森」のベティ・デイヴィスと「暗黒街の弾痕」「高圧線」のヘンリー・フォンダが主演。「晩春」「台風」と同じくエドモンド・グールディングが原作・脚色・監督。撮影は「青春の抗議」「Gガン」のアーネスト・ホーラー。助演者は「沙漠の朝」のイアン・ハンター、「緑の灯」のアニタ・ルイズを始め、「進め騎兵隊」のドナルド・クリスプ、「お人好しの仙女」のヒュー・オコネル、「生活への道」のキャサリン・アレクサンダー、メアリー・フィリップス等。

「或る女(1937)」のストーリー

メアリー・ドンネル(ベティ・デイヴィス)には、人に知られたくない過去があった。まだ年端もいかない頃に信じて結婚した夫は、恐ろしいギャングだった。そして夫は仲間との争いから射殺されて4年。今ではメアリーは弁護士ロイド・ロジャース(イアン・ハンター)の事務所で秘書として働いている。新聞に「ギャングと元の情婦」という記事を書いている新聞記者ヴァージル(ヒュー・オコネル)は、彼女の身元を調査して事務所へ記事を取りに来る。メアリーがロジャースに過去を知られることを恐れているのに付け入って、ヴァージルは彼女を脅迫して1000ドルを報酬にその名を借りようとしたが、ロジャースは彼女に暗い影のあることを知っていたので、優しくメアリーをかばう。その頃メアリーはジャック・メリック(ヘンリー・フォンダ)という青年と恋に落ちていたが、彼の父親メリック卿(ドナルド・クリスプ)はそれに同意しない。しかし欧州旅行から帰ってきたジャックは、父に隠してメアリーと結婚する。その時もロジャースは、優しくふたりの幸福を願って力添えをしたのだった。しかし新婚旅行の途中でメリック卿はふたりを無理に引き離し、ジャックを欧州へ追いやる。メアリーは友達のエイミー(メアリー・フィリップス)と一緒に暮らし、やはりロジャースの暖かい大きな愛情に庇護される。半ば自棄になったジャックは、救いを求めるように欧州で知った優しいフリップ(アニタ・ルイズ)と結婚する。そして結婚式の当日、新夫婦は自動車事故で重傷を負い、フリップは障害者となった。一方その頃メアリーは妊娠しており、月満ちてジャックの子を産む。冷たい夫婦愛に悩んでいるロジャースは、口には出さないでいたが実は深くメアリーを愛していた。彼女もいつしかロジャースの大きな愛に惹きつけられるようになっていた。だが、彼が重い病になっても、逢うことすらできない二人だった。そしてロジャースは病の床を抜け出し、メアリーのアパートへ来る。愛するメアリーに手を取られて、彼はそのまま息を引き取った。時が経ち、メアリーの子供は成長した。それにつけても彼女はジャックの思い出を断ちがたかった。障害者になったフリップはある時メアリーを訪れてジャックと一緒になってくれと語ったが、この優しい言葉にかえってメアリーは身を退かねばならぬと決心して、辛い思いで子供をジャック夫婦に渡し、一人欧州へ旅立つ。数年後、モンテカルロでメアリーはフリップが病死したことを聞く。海を越えた長距離電話で、ジャックはすぐそこへ行くとメアリーに電話をかけた。

「或る女(1937)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「或る女(1937)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1937
製作会社 ファースト・ナショナル映画
レイティング

「或る女(1937)」のみんなのレビュー

「或る女(1937)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。

「或る女(1937)」を観ているあなたにおすすめの映画