第二の機会

だいにのきかい Second Chance
上映日
1953年12月1日

製作国
アメリカ

上映時間
82分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「零号作戦」のエドモンド・グレインジャーが製作し、「ミシシッピの賭博師」のルドルフ・マテが監督に当たったテクニカラーの3―D映画1953年作品。「サンセット大通り」のD・M・マーシュマン・ジュニアストーエイーを書き脚色し、「星は輝く」のオスカー・ミラードと「地球最後の日」のシドニー・ボームが脚本化した。撮影は「零号作戦」のウィリアム・スナイダー、音楽は「剣豪ダルタニアン」のロイ・ウェッブの担当。主演は「零号作戦」のロバート・ミッチャム、「海賊黒ひげ」のリンダ・ダーネル、「シェーン」のジャック・パランスで、ダン・シーモア「マニラ」、ミルバーン・ストーン、サンドロ・ギグリオらが助演する。

「第二の機会」のストーリー

殺人屋のキャッピー(ジャック・パランス)は、親分の元情婦クレア(リンダ・ダーネル)を探して、南米の避暑地を転々としていた。クレアが帰米して議会の犯罪調査委員会に証人として出頭する前に彼女を殺す必要があったのだ。クレアはアンデス山脈を背負ったサン・クリストバルの町に滞在していた。彼女は追われていることを知ってペルーへ逃げようとしたが、旅費が足りず、ホテルで知り合った米人の拳闘選手ラス・ランバート(ロバート・ミッチャム)と一緒に、町の背後の後峰上にあるラ・クンバレの村へ、空中ケーブルで出かけた。ラスとクレアはお互いに好意を持っており、2人は高地で楽しく過ごすうち、最終車に遅れ、ホテルの別々の部屋でその夜を過ごした。翌朝、クレアの部屋に突然キャッピーが侵入してきた。彼はクレアの美貌の虜になって彼女を殺すことができず、かえってラスを射殺する気配を見せた。クレアはラスと絶交しすぐにサン・クリストバルに帰るから彼を殺さないでくれとキャッピーに告げた。ラスはクレアがひとり去ったことを知って急いで後を追い、動きかけたケーブルカーに飛び乗った。ラスはクレアの態度が急に冷たくなったことに驚いた。やがて中間駅につくと、そこにキャッピーが待ちかまえていた。2人の姿を見てクレアが裏切ったものと思い、彼女を断崖からつき落そうとしたが、ラスが救った。やがて動き出した車上で、ラスとキャッピーの大格闘が始まり、車は大きく揺れて鋼索が1本切れてしまった。第2の鋼索も切れそうになる。車から非常線がたらされ、中間駅のある岩壁に飛びつくことになった。ラスがこれを志願して成功し、中間駅から非常車を操って故障車のそばへ引き返してきた。キャッピーは一同を拳銃で脅し、クレアと2人だけで非常車に乗り込もうとした。ラスは再びキャッピーと格闘を始め、車はいよいよ危なくなった。ラスはついにキャッピーを谷底に落下させた。そこへ第2の非常車も到着し、一同が乗り移ったとき、鋼索の切れたケーブルカーは谷底に落下して行った。

「第二の機会」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「第二の機会」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1953
公開年月日 1953年12月1日
上映時間 82分
製作会社 RKOラジオ映画
配給 RKOラジオ映画日本支社
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー
音量 ステレオ

「第二の機会」のみんなのレビュー

「第二の機会」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません