大地の果てまで

だいちのはてまで
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ノアの箱船」と同じくマイケル・カーティズ氏が監督したドロレス・コステロ嬢主演映画で、ジョン・オックセナム氏作の舞台劇を「赤熱の人」「砂漠の歌」のハーヴェイ・ゲイツ氏が脚色したものである。助演者は「特だね記事」「土曜日の乙女」のグラント・ウィザース氏、「青春狂想曲」「浮かれ胡蝶」のジェームズ・カークウッド氏、「心の歌」「四枚の羽根」のジョージ・フォーセット氏、デイヴィッド・トーレンス氏、オリーヴ・テル嬢、トム・デューガン氏等である。

「大地の果てまで」のストーリー

帝政時代のロシア・モスクワのとある魚屋の娘ヴェラは評判の小町娘であった彼女の憧憬者は数多かったが、大学生パウル・バヴロフと貴族セルゲ・パルマとは就中熱心な崇拝者であった。ヴェラはパウルを好いていたが彼が遊興に身を持ちくずして学業を怠りがちなので秘かに心を痛めた。その間にセルゲはヴェラの父ディミトリを説いて彼女を妻に貰う約束をした。ところが新婚の夢未だ醒めぬ時セルゲは或る犯罪の嫌疑を受けシベリアへ20年の流刑に處せられた。パウルも同じような嫌疑で2年のシベリア流刑を申し渡され、2人はシベリアへ向う途中の或る駅で偶然同じ宿に泊った。ヴェラを深く愛しているパウルはセルゲを早く彼女の許に帰らせるために秘かにセルゲと入替った。ヴェラは良人を慕ってシベリアへやって来て意外にもセルゲの代りにパウルと邂逅した。セルゲの刑地へは雪が深くて行けないので、ヴェラはパウルの妻の如く装って雪溶けまで滞在することに決める。春が近づいた頃シベリアに疫病が流行した。医学生のパウルは献身的努力を以て治療に尽くしたので総督の計らいで彼の赦免状が政府に申請される。パウルの真摯な態度に深く感動したヴェラは再び彼を愛するようになった。然るにパウルの赦免は却下され、政府から派遣されたヴォリス中尉によって彼は他の刑地へ移されることとなった。ヴォリス中尉実はセルゲで彼等3人は共に逃亡した。途中パウルは自分はシベリアに残って2人の幸福を計らおうと試みたがヴェラの心を察したセルゲは若い2人の幸福を祈って自殺した。ヴォリス中尉が偽物であった事が知れてパウルは再び捕えられたが真に愛し合う2人にとってはシベリアもまた楽園であった。

「大地の果てまで」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「大地の果てまで」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 W・B・F・N社輸入
レイティング

「大地の果てまで」のみんなのレビュー

「大地の果てまで」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/23

ジャンヌ・モロー(1928)

天使の入江

人生に潜む冷淡で皮肉な側面を見つめたジャック・ドゥミ監督の長編第2作。パリで銀行員として働くジャンは、初めて訪れたカジノで大金を得る。以来、ギャンブルに取り憑かれた彼は、ブロンド女性・ジャッキーと意気投合し、共にのめり込んでいく。WOWOWにて放映後、アンスティチュ・フランセ東京で開催された特集企画『ジャック・ドゥミ、映画の夢』にて上映(上映日:2014年9月20日)。2017年7月22日より特集企画『ドゥミとヴァルダ、幸福についての5つの物語』にて劇場上映。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・台詞:ジャック・ドゥミ 撮影:ジャン・ラビエ 音楽:ミシェル・ルグラン 編集:アンヌ=マリー・コトレ 出演:ジャンヌ・モロー/クロード・マン/アンリ・ナシエ/ポール・ゲール

家族の灯り

ポルトガルの作家ラウル・ブランダンの戯曲を基に「ブロンド少女は過激に美しく」のマノエル・デ・オリヴェイラ監督が映画化。小さな港町を舞台に、失踪した息子の帰りを待ちわびる父と母、妻の姿を描く。出演は「楽園からの旅人」のマイケル・ロンズデール、「ブーベの恋人」のクラウディア・カルディナーレ、「突然炎のごとく」のジャンヌ・モロー、「永遠の語らい」のレオノール・シルヴェイラ、「ブロンド少女は過激に美しく」のリカルド・トレパ、「ノン、あるいは支配の空しい栄光」のルイス・ミゲル・シントラ。
小日向文世(1954)

奥様は、取り扱い注意

2017年に放送されたドラマ『奥様は、取扱注意』の劇場版。元特殊工作員の専業主婦・菜美と、菜美の夫で、実は彼女を監視する公安警察の勇輝。ある出来事がきっかけで菜美が記憶喪失になると、二人は名前を変え、地方都市・珠海市で新生活を始めるが……。出演は、「今夜、ロマンス劇場で」の綾瀬はるか、「空母いぶき」の西島秀俊。監督は、「カイジ ファイナルゲーム」の佐藤東弥。

コンフィデンスマンJP プリンセス編

「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどを手がけてきた脚本家・古沢良太によるテレビドラマシリーズ『コンフィデンスマンJP』の劇場版第2弾。大富豪一族・フウ家の当主が他界。世界中の詐欺師が莫大な遺産を狙い、ダー子らもコンゲームを仕掛けようとする。ドラマシリーズの演出や前作の監督を務めた田中亮がメガホンを取った。長澤まさみ、東出昌大、小日向文世らお馴染みのキャスト陣に加え、世界有数の資産家レイモンド・フウを北大路欣也が、フウ家の執事トニー・ティンを柴田恭兵が、ダー子の子猫としてチームに新加入する少女・コックリを「カイジ ファイナルゲーム」の関水渚が演じる。

NEW今日命日の映画人 1/23

該当する人物がいません


「大地の果てまで」を観ているあなたにおすすめの映画