大捜査

だいそうさ
上映日
1973年3月24日

製作国
アメリカ

ジャンル
サスペンス・ミステリー

ここが見どころ

カリフォルニア、太平洋岸の小さな漁師町を舞台に、砂浜に打ちあげられた女の他殺体をめぐる、町の警察署長の捜査活動を描いたサスペンス・ドラマ。製作はウィリアム・ベラスコ、監督は「朝やけの空」のジェームズ・ゴールドストーン、脚本はレーン・スレート、撮影はミシェル・ユーゴー、音楽はペリー・ボトキン・ジュニア、編集はエドワード・A・ビアリーが各々担当。出演はジェームズ・ガーナー、キャサリン・ロス、ハル・ホルブルック、ハリー・ガーディノ、ジューン・アリソン、クリストファー・コネリー、トム・イーウェル、ピーター・ローフォード、エドモンド・オブライエン、アーサー・オコネル、アン・ルサフォード、アート・メトラーノなど。

みんなのレビュー

「大捜査」のレビューを書く

「大捜査」のストーリー

ある朝、人影のないカルフォルニアの海岸に女の水死体が打ちあげられた。それは海辺の一軒家に住むジェニー・キャンベル夫人と身元がわれ、死体のそばに彼女のドーベルマンがいたことや、手首と足首に歯跡があったことから、飼い犬に噛み殺されたものとして処理された。最寄りの漁師町エデン・ランディングの警察署長エイベル・マーシュ(ジェームズ・ガーナー)は、休暇から戻って事件を知り、凶悪なドーベルマンを預けられた獣医ワトキンズ(ハル・ホルブルック)のもとを訪れた。ワトキンズの助手ケート(キャサリン・ロス)から重要なサジェッスションを受け、死体を再検査する気になった。その結果、ジェニーは真水で溺死させられた後で海に放り込まれたことや妊娠3カ月だったことなど、意外な事実が判明した。ドーベルマンは無実になったものの戻る家がなく、彼女のすすめでエイベルが取りあえず引き取ることにした。エイベルは、捜査の第1歩としてジェニーの別れた夫キャンベル(ピーター・ローフォード)に会った。彼によれば彼女は2年前、彼を棄ててある女の所へ走ったきり会ってはいないということだった。彼は手がかりを求めて、ジェニーが生前、住んでいた海辺の家にでかけ、そこで1枚の写真を見つけた。裸の男女が砂浜を走っている写真で、誰かは判明できなかった。初対面のときから互いに好意を持っていたエイベルとケートの恋は次第に発展していったが捜査はほとんど進展せず、州警察からストリーター警部(ハリー・ガーディノ)が応援にきた。エイベルは再びキャンベルに会い写真を見せたところ、彼はジェニーが同じような写真をたくさん持っている筈だ、といい、夜9時に海辺の家で会う約束をした。しかし、エイベルが出向いたとき、家は火に包まれ、キャンベルは殺されていた。そして犯人らしい人物が車で逃げ去っていくのを目撃した、。その夜、エイベルは、はかどらない事件の憂鬱さもあって、ケートとベッドを共にした。するとマーフィが2人の間に割って入り、突然敵意をみせ、この犬の名を知らない筈のケートが、名前を呼びながら静めた。どうしてマーフィという犬の名を彼女か知っているのか、という疑問がエイベルの脳裏をかすめた。エイベルがワトキンズの診療所を訪れたとき、彼がマーフィを自由自在に操るのを見て、ジェニー殺しはこの男だと確信した。警察に連行されようとしたワトキンズはすきをみてエイベルの腕に睡眠薬を注射し、逃亡した。次の日、青いクライスラーがワトキンズの家のガレージで発見され、エイベルと警察隊が包囲した。ワトキンズはなんの抵抗もしなかった。その態度から彼は白だと考え始めた時、エイベルは背後から襲われた。相手は男装のワトキンズ夫人(ジューン・アリソン)だった。ジェニーを殺し、更にキャンベルを殺したのは彼女だった。夫人はジェニーを愛していたが、彼女はそれに満足せず、ワトキンズを誘惑し、その上、他の男の赤ん坊を宿したので殺したのだ。夫人をかばうワトキンズはストリーター警部に射殺された。職場を失ったケートはエイベルに分かれを告げ、町をでようとしたが、エイベルがとめた。

「大捜査」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「大捜査」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 アメリカ
製作年 1972
公開年月日 1973年3月24日
製作会社 ジェームズ・ゴールドストーン=ウィリアム・ベラスコ・プロ作品
配給 メトロ
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「大捜査」のみんなのレビュー

「大捜査」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。