大荒原(1957)

だいこうげん
製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

カンサスの大荒原を舞台にした西部活劇。フランク・グルーバーの原作をデイヴィッド・ドータートと「ザンチャゴ」のマーティン・ラッキンが共同脚色、監督、撮影監督も同じく「サンチャゴ」のゴードン・ダグラス、ジョン・サイツがそれぞれ担当、音楽も同様、デイヴィッド・バトルフが当った。主演は「島の女」のアラン・ラッド、「硝煙」のヴァージニア・メイヨ、「あの日あのとき」のエドモンド・オブライエン。助演は「太鼓の響き」のアンソニー・カルーソ、「捜索者」のジョン・クェーレン、「紅の翼(1954)」のジュリー・ビショップ、アラン・ラッド2世のデイヴィッド・ラッドなど。

「大荒原(1957)」のストーリー

南北戦争が終わって程ない頃、南軍出身のモーガン(アラン・ラッド)はテキサスの牧場主の一隊と彼らの牛を連れミズーリ州の鉄道終着駅に来た。牛はここで1頭10ドルにはなる筈だった。がセリ市では土地の顔役ブロッグ一味の拳銃に脅され1頭1ドル半に叩かれた。ブロッグに食ってかかった仲間のビリイは逆に肩を射たれ、頼みのモーガンは意外にも100頭の牛を言い値で売渡す始末。思惑をはずされた牧場主たちはモーガンを雨の中へ叩き出した。南軍の外套を着ているためホテルで門前払いを食ったモーガンは悄然と町を行くが、その彼に同情して自分のねぐらである厩に泊めてやったのはアルコール中毒のジャガー(エドモンド・オブライエン)という建築技師だった。ところが同じ厩に寝込んでいた男のウィスキーを取ろうとしたジャガーが見つかって首吊りの私刑にかけられようとする事件が起った。モーガンは素早くジャガーを救い、盗んだ馬に乗って夜明けには隣州カンサスに着いた。途中ジャガーはアルコールが切れたため半狂乱になったが、モーガンは立派な建築技師の腕をもつ彼を更生させようと考えた。カンサスに着いた2人は農場主スヴェン・ジョンソンに救われ、その家に迎えられた。戸、その夜モーガンは1つの計画--テキサスの牛を売込むためカンサス・シティから、ミズーリの終着駅より200マイルも近いここまで鉄道を延長する考えを思いついた。そうすればブロッグ一味に買叩かれないでもすむ。モーガンはカンサス・シティの鉄道会社の重役ドレーパーを動かし鉄道の延長工事と終着駅の町の建設を承諾させた。アル中を治したジャガーを建設主任に工事は始まった。彼の妹ヘレン(ヴァージニア・メイヨ)は、バーの歌手で、ドレーパーの婚約者だったが、建設に打込むモーガンの男らしさに次第に魅かれていった。ブロッグの襲撃など幾多の困難を乗越えて新しい町が完成、鉄道もやがて開通した。その間にモーガンは新しいセリ市の開催を報せにテキサスへ旅立った。そして町には東部から牛の仲買人が続々と乗込んできた。が、町の中にブロッグ一味を見た彼らは忽ち動揺、セリ市のリーダーとジャガーが敵対して逆に殺されるや町は恐怖のどん底に陥った。仲買人たちは東部へ帰ろうと浮足立った。その時、数百頭の牛を連れてモーガンが戻ってきた。折も折ブロッグは家畜囲いを破り牛を町になだれこましたが、復讐を誓うモーガンは、一瞬の早業でブロッグと乾分コールの2人を射ち倒した。モーガンを抱きしめるヘレン。それを見たドレーパーは寂しく立去って行った。

「大荒原(1957)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「大荒原(1957)」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1957
製作会社 W・B映画
配給 ワーナー・ブラザース
レイティング
カラー/サイズ カラー

「大荒原(1957)」のみんなのレビュー

「大荒原(1957)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません