大荒原(1957)

だいこうげん
製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

カンサスの大荒原を舞台にした西部活劇。フランク・グルーバーの原作をデイヴィッド・ドータートと「ザンチャゴ」のマーティン・ラッキンが共同脚色、監督、撮影監督も同じく「サンチャゴ」のゴードン・ダグラス、ジョン・サイツがそれぞれ担当、音楽も同様、デイヴィッド・バトルフが当った。主演は「島の女」のアラン・ラッド、「硝煙」のヴァージニア・メイヨ、「あの日あのとき」のエドモンド・オブライエン。助演は「太鼓の響き」のアンソニー・カルーソ、「捜索者」のジョン・クェーレン、「紅の翼(1954)」のジュリー・ビショップ、アラン・ラッド2世のデイヴィッド・ラッドなど。

「大荒原(1957)」のストーリー

南北戦争が終わって程ない頃、南軍出身のモーガン(アラン・ラッド)はテキサスの牧場主の一隊と彼らの牛を連れミズーリ州の鉄道終着駅に来た。牛はここで1頭10ドルにはなる筈だった。がセリ市では土地の顔役ブロッグ一味の拳銃に脅され1頭1ドル半に叩かれた。ブロッグに食ってかかった仲間のビリイは逆に肩を射たれ、頼みのモーガンは意外にも100頭の牛を言い値で売渡す始末。思惑をはずされた牧場主たちはモーガンを雨の中へ叩き出した。南軍の外套を着ているためホテルで門前払いを食ったモーガンは悄然と町を行くが、その彼に同情して自分のねぐらである厩に泊めてやったのはアルコール中毒のジャガー(エドモンド・オブライエン)という建築技師だった。ところが同じ厩に寝込んでいた男のウィスキーを取ろうとしたジャガーが見つかって首吊りの私刑にかけられようとする事件が起った。モーガンは素早くジャガーを救い、盗んだ馬に乗って夜明けには隣州カンサスに着いた。途中ジャガーはアルコールが切れたため半狂乱になったが、モーガンは立派な建築技師の腕をもつ彼を更生させようと考えた。カンサスに着いた2人は農場主スヴェン・ジョンソンに救われ、その家に迎えられた。戸、その夜モーガンは1つの計画--テキサスの牛を売込むためカンサス・シティから、ミズーリの終着駅より200マイルも近いここまで鉄道を延長する考えを思いついた。そうすればブロッグ一味に買叩かれないでもすむ。モーガンはカンサス・シティの鉄道会社の重役ドレーパーを動かし鉄道の延長工事と終着駅の町の建設を承諾させた。アル中を治したジャガーを建設主任に工事は始まった。彼の妹ヘレン(ヴァージニア・メイヨ)は、バーの歌手で、ドレーパーの婚約者だったが、建設に打込むモーガンの男らしさに次第に魅かれていった。ブロッグの襲撃など幾多の困難を乗越えて新しい町が完成、鉄道もやがて開通した。その間にモーガンは新しいセリ市の開催を報せにテキサスへ旅立った。そして町には東部から牛の仲買人が続々と乗込んできた。が、町の中にブロッグ一味を見た彼らは忽ち動揺、セリ市のリーダーとジャガーが敵対して逆に殺されるや町は恐怖のどん底に陥った。仲買人たちは東部へ帰ろうと浮足立った。その時、数百頭の牛を連れてモーガンが戻ってきた。折も折ブロッグは家畜囲いを破り牛を町になだれこましたが、復讐を誓うモーガンは、一瞬の早業でブロッグと乾分コールの2人を射ち倒した。モーガンを抱きしめるヘレン。それを見たドレーパーは寂しく立去って行った。

「大荒原(1957)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「大荒原(1957)」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1957
製作会社 W・B映画
配給 ワーナー・ブラザース
レイティング
カラー/サイズ カラー

「大荒原(1957)」のみんなのレビュー

「大荒原(1957)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/22

ジム・ジャームッシュ(1953)

デッド・ドント・ダイ

第72回カンヌ国際映画祭のオープニングを飾ったジム・ジャームッシュによるゾンビ・コメディ。アメリカの田舎町で、次々と墓場から死者が蘇る事態が発生。3人だけの警察署で勤務するピーターソン巡査や葬儀屋のゼルダが退治するが、ゾンビは増殖していく。出演は、「ゴーストバスターズ」のビル・マーレイ、「パターソン」のアダム・ドライバー、「サスペリア」のティルダ・スウィントン、「荒野にて」のクロエ・セヴィニー。

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。
生田絵梨花(1997)

あさひなぐ

こざき亜衣による同名漫画をアイドルグループ乃木坂46出演で舞台化&映画化するプロジェクトの映画版。二ツ坂高校なぎなた部に入部した東島旭。圧倒的な強さを誇る先輩・真春ら部員たちと過酷な練習の日々を送るなか、旭はひたむきになぎなたと向き合っていく。主人公の東島旭役には映画初出演にして初主演の西野七瀬、旭の憧れの先輩でなぎなた部のエース・宮路真春役に白石麻衣、ほかに桜井玲香、松村沙友理、伊藤万理華、生田絵梨花ら乃木坂46メンバーが出演。「チア・ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の富田望生、「愚行録」の中村倫也、「ちはやふる」の森永悠希、「くちびるに歌を」の角替和枝、「PとJK」の江口のりこが脇を固める。監督・脚本は「ヒロイン失格」の英勉。

超能力研究部の3人

アイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未主演、「もらとりあむタマ子」の山下敦弘監督による異色アイドル映画。大橋裕之の連作短編漫画『シティライツ』を原作にした作品とメイキング風ドキュメンタリーを掛け合わせながら、3人のアイドルの“リアル”と“嘘”を映し出す。脚本は「苦役列車」のいまおかしんじと「もらとりあむタマ子」の向井康介。