魂は帰り行く

たましいはかえりゆく
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「良人の危険時代」「人妻の危険時代」ですっかり名を挙げたジョン・M・スタールの監督作品で、フランセス・ニモ・グリーンの小説をベス・メレディスが脚色したもの、主役は「国民の創生」「鬼を欺く男」等出演のヘンリー・B・ウォルソール、「アダムス・リブ」「最後の一瞬」等出演のミルトン・シルス、「唖も語る」「風雲のゼンダ城」等出演のクレア・ウィンザーの3人で、アイリーン・リッチも重要な役を演じる。例によってスタール一流の人情物である。

「魂は帰り行く」のストーリー

医師ハミルトンは、若い時から放蕩に身を持ち崩したヘンリー・ガーネットを、昔のとおり友達として付き合っていた。彼の病院へ素性を包んだ美しい婦人フェイスが患者としてきた時、ハミルトンは彼女の美しい姿と優しい心を愛したが、彼女は何か結婚を拒んだ。その後意外にも彼女はヘンリーの妻であることを告白した。ハミルトンはヘンリーが妻を探していることを考えて彼女をヘンリーのもとへ帰そうと思ったが、強い愛着のためにそれを断行することができなかった。友を裏切るか恋を捨てるかに悶えた。ちょうどこの折り彼の妹の子供が重傷を負って瀕死の状態に陥ったがハミルトンの手術を受けている時、半意識の中から叫んだ言葉を聞いて、彼は自分の醜き行を感じて慄然とした。彼はフェイスを死に臨んだヘンリーのもとへ連れて行ったが、彼は妻の将来の幸福を願い、毒を仰いで死んだ。フェイスがヘンリーの盲目の母を訪れた時、母は幼かった頃の我が子の面影を懐かしみ誇っているのであった。やがて死んだヘンリーの望みどおり、フェイスに幸福な日が来る事であろう。

「魂は帰り行く」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「魂は帰り行く」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1922
製作会社 ファースト・ナショナル映画
配給 松竹
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「魂は帰り行く」のみんなのレビュー

「魂は帰り行く」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。