• 映画DB TOP
  • 天のしずく 辰巳芳子 いのちのスープ

天のしずく 辰巳芳子 いのちのスープ

てんのしずくたつみよしこいのちのすーぷ
上映日
2012年11月3日

製作国
日本

上映時間
113分

ジャンル
社会派

ここが見どころ

全国で評判を呼ぶ“いのちのスープ”の生みの親である料理家・辰巳芳子の姿や考え方を捉えたドキュメンタリー。農と食を通して、人の命の尊厳を改めて考え直す。「映画 ひみつのアッコちゃん」の谷原章介がナレーションを担当。朗読は「武士の家計簿」の草笛光子。監督はNHKで数々のドキュメンタリーを手掛けてきた河邑厚徳。
全国で評判を呼ぶ“いのちのスープ”の生みの親である料理家・辰巳芳子の姿や考え方を捉えたドキュメンタリー。農と食を通して、人の命の尊厳を改めて考え直す。「映画 ひみつのアッコちゃん」の谷原章介がナレーションを担当。朗読は「武士の家計簿」の草笛光子。監督はNHKで数々のドキュメンタリーを手掛けてきた河邑厚徳。

「天のしずく 辰巳芳子 いのちのスープ」のストーリー

日本の食に提言を続ける料理家・辰巳芳子。彼女が病床の父のために工夫を凝らして作り続けたスープは、やがて人々を癒す“いのちのスープ”と呼ばれるようになり、今では多くの人々が深い関心を寄せている。いのちの始まりに母乳があり、終わりに唇をしめらす末期の水がある。人の命は絶えることのない水の流れに寄り添って健やかに流れる。本作で描かれる辰巳のスープにも長い物語がある。調理に至る前には、海や田畑など日本の風土が生み出す生産の現場があり、調理後にはスープを口にする家庭や施設、病院など多様な人の絆が見えてくる。脳梗塞で倒れ、嚥下障害(えんげしょうがい)により食べる楽しみを奪われた父。その最後の日々を支えたのが、料理研究家の草分けだった母・浜子とともに工夫して作った様々なスープだった。これがいのちのスープの原点となる。スープに使う食材を作り出す全国の生産者たちは、作物に対する誠実な志を持ち、辰巳に食材を提供する。旬の作物を育てる繊細で美しい自然風土。それぞれの素材や性質を生かして、嬉しそうな表情で丁寧に調理する辰巳。幼児から老人まで、スープを口にする人々の姿が、交響曲のようにいのちの響きを奏でてゆく。ここで描かれるスープの物語は、辰巳が唱える“いのちと愛”への道筋を、食を通して示してくれる。

「天のしずく 辰巳芳子 いのちのスープ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「天のしずく 辰巳芳子 いのちのスープ」のスペック

基本情報
ジャンル 社会派
製作国 日本
製作年 2012
公開年月日 2012年11月3日
上映時間 113分
製作会社 天のしずく製作委員会
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://tennoshizuku.com/
コピーライト (C) 2011 tennoshizuku. All Rights Reserved.

「天のしずく 辰巳芳子 いのちのスープ」のみんなのレビュー

「天のしずく 辰巳芳子 いのちのスープ」のレビューを書く