ただいま熱愛中

ただいまねつあいちゅう
上映日
1966年7月5日

製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ ラブロマンス

ここが見どころ

ウィリアム・フェアチャイルドの舞台劇『邪魔をしないで』の映画化で、ミルト・ローゼンが「ナイアガラ」のリチャード・ブリーンと共同で脚色。TV出身のラルフ・レヴィーが監督したロマンチック・コメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「女房は生きていた」のライオネル・ニューマンが担当した。出演者は「花は贈らないで!」のドリス・デイ、ロッド・テイラー、ハーミオン・バッデレイ、セルジオ・ファントーニ、レジナルド・ガーディナーなど。製作は「女房は生きていた」に続くアーロン・ローゼンバーク、マーティン・メルチャーの共同製作。

「ただいま熱愛中」のストーリー

ニューヨークのベアード毛織会社の重役マイク(リチャード・ティラー)は、美人の妻ジャネット(ドリス・デイ)同伴でロンドン支社へやって来た。結婚5年のこの夫婦はいまだに熱愛を続けているが、好みが違うことから2人の間に時おり相違や誤解を生じる。マイクは着任そうそう財界の有力者に会うなど多忙な毎日を過ごすが、一方ジャネットは借家さがしを始めた。彼女は、ロンドン郊外の田園で貴族のような生活を望んでいた。お目あての借家が見つかり、ジャネットはごきげんに生活を始めた。そして駅までマイクを送っていくのが、毎朝の日課となった。その途中でさえも、夫婦間に小さないざこざが絶えなかった。やがて、結婚後初めての大げんかがあった。理由は、仕事に疲れて帰って来たマイクが、自分が買った椅子のペンキを、ジャネットが塗り直してしまったのを発見したことだった。数日後、マイクの会社では、中東から来たバイヤーたちを招いて、大パーティーをもよおした。その時、マイクの美人秘書クレアは、ホステスとして会社のために大いに力を発揮したが、それを見たジャネットは、クレアの態度に反発し、やがて妙な誤解から嫉妬心をおこすようになった。マイクへの対抗策としてジャネットは、自分にも恋人ができたようにみせかけ、マイクに嫉妬させようともくろんだ。そして、さっそく実行にとりかかった。それからというもの、ジャネットのところには連日、無名の贈り主から花や香水が届くようになった。贈り主は実は彼女と親しい家主のバネッサなのだ。しかし、マイクが浮気したのではないとわかった時、ジャネットは彼にあっさりと事と次第を告白した。数日後ジャネットは結婚記念日に使う時代ものの食卓を買うため古道具屋のポール(セルジオ・ファントーニ)の店を訪れた。しかしそこにはないので、2人はパリまで飛んだ。ところがパリのポールの出店で2人は、ちょうど出張でパリに来ていたマイクに出会ってしまった。今度はマイクが誤解してしまった。そのうえ霧のため飛行機が欠航し、ジャネットは偶然出会ったマイクの会社の社員に勧められてあるパーティーに出席することになった。そこで彼女はマイクと出会ってしまった。やがてダンスが始まり、マイクとジャネットは顔をあわせた。不快な事件が次から次へと続いたが、所詮この夫婦は互いに相手に自分が愛されていることを知るのだった。

「ただいま熱愛中」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ただいま熱愛中」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1966
公開年月日 1966年7月5日
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「ただいま熱愛中」のみんなのレビュー

「ただいま熱愛中」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。