タクシー(1932)

たくしー
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ケニオン・ニコルソンの手になる舞台劇から「夜の大統領」と同様キュベック・グラスモン、ジョン・ブライトの両人が共同脚色し「マルタの鷹(1931)」「近代エロ双紙」のロイ・デル・ルースがメガフォンをとった映画で、「民衆の敵」「夜の大統領」のジェームズ・キャグニー、「繁昌娘」「キスメット(1930)」のロレッタ・ヤング、「西部のラスカ」のドロシー・バージェス、ジョージ・E・ストーン、レイ・クック、マット・マクヒュー等が出演、カメラは「緑の女神」「千万長者」のジェームズ・ヴァン・ツリースが担任している。

「タクシー(1932)」のストーリー

合同タクシー会社というのが出来て以来、今まで平和であったタクシー界には暗澹たる雰囲気が漂うようになった。独立のタクシー運転手は非常な圧迫を蒙るのである。ある辻に6年間も駐車していたライリー老人は脅迫に応じなかったので無法にも自動車を破壊されてしまう。老人は怒りにまかせて相手を射殺するので懲役にやられる。彼の娘スーはある料理店の女給であったが、彼女の恋人マット・ノーランは向こう見ずの熱血児で、かねてから合同タクシーの無法に憤慨していたので大喧嘩を始めようとする。彼が扇動演説をしているところにスーが父親の死を伝えて来るので一同は怖気がつき軟化してしまう。マットは向っ腹を立ててスーと絶交してしまう。暫くして二人は仲直りをするがマットの短気はなかなか直らず、到るところで喧嘩をおっぱじめてスーを困惑させる。結局、喧嘩をしないという条件でスーは結婚することを承諾し二人は結婚許可証を貰いに役所へ行くが、彼はそこですら役人を相手に喧嘩をしてしまう。結婚の宴会でマットは人相のよからぬ男と会う。彼の友達から、その男がマック・ジェフードといって合同タクシー側の用心棒でスーの父ライリーの自動車を破壊した張本人だと聞かされマットはかっとなるがスーとの約束の手前、その晩だけは我慢しようとする。所がバックは酒の酔いにまかせてマットを襲い、間に入った彼の弟ダンを殺して逃亡する。その後マットは復讐のために万事を忘れてバックの動静をさぐっていたがスーはマットがバックを殺そうとしていることを知り、彼の逃走に力を貸すことにする。マットはある日、ついにバックの隠れ家を突き止め阻止するスーを突きのけて急行するが、同じく逮捕に向かった警官に妨げられているうちにバックは逃走しようとして窓から墜落して死んでしまう。マットはスーが邪魔立てをしたのでひどく腹を立てる。スーは自分の真情を理解してくれないので、これも腹を立てる。二人は離婚する決心をして荷物まで運び出そうとするのであるが、何となくめでたく仲直りをしてしまう。

「タクシー(1932)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「タクシー(1932)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1932
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ナショナル社
レイティング

「タクシー(1932)」のみんなのレビュー

「タクシー(1932)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません


「タクシー(1932)」を観ているあなたにおすすめの映画