タクシー(1932)

たくしー
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ケニオン・ニコルソンの手になる舞台劇から「夜の大統領」と同様キュベック・グラスモン、ジョン・ブライトの両人が共同脚色し「マルタの鷹(1931)」「近代エロ双紙」のロイ・デル・ルースがメガフォンをとった映画で、「民衆の敵」「夜の大統領」のジェームズ・キャグニー、「繁昌娘」「キスメット(1930)」のロレッタ・ヤング、「西部のラスカ」のドロシー・バージェス、ジョージ・E・ストーン、レイ・クック、マット・マクヒュー等が出演、カメラは「緑の女神」「千万長者」のジェームズ・ヴァン・ツリースが担任している。

「タクシー(1932)」のストーリー

合同タクシー会社というのが出来て以来、今まで平和であったタクシー界には暗澹たる雰囲気が漂うようになった。独立のタクシー運転手は非常な圧迫を蒙るのである。ある辻に6年間も駐車していたライリー老人は脅迫に応じなかったので無法にも自動車を破壊されてしまう。老人は怒りにまかせて相手を射殺するので懲役にやられる。彼の娘スーはある料理店の女給であったが、彼女の恋人マット・ノーランは向こう見ずの熱血児で、かねてから合同タクシーの無法に憤慨していたので大喧嘩を始めようとする。彼が扇動演説をしているところにスーが父親の死を伝えて来るので一同は怖気がつき軟化してしまう。マットは向っ腹を立ててスーと絶交してしまう。暫くして二人は仲直りをするがマットの短気はなかなか直らず、到るところで喧嘩をおっぱじめてスーを困惑させる。結局、喧嘩をしないという条件でスーは結婚することを承諾し二人は結婚許可証を貰いに役所へ行くが、彼はそこですら役人を相手に喧嘩をしてしまう。結婚の宴会でマットは人相のよからぬ男と会う。彼の友達から、その男がマック・ジェフードといって合同タクシー側の用心棒でスーの父ライリーの自動車を破壊した張本人だと聞かされマットはかっとなるがスーとの約束の手前、その晩だけは我慢しようとする。所がバックは酒の酔いにまかせてマットを襲い、間に入った彼の弟ダンを殺して逃亡する。その後マットは復讐のために万事を忘れてバックの動静をさぐっていたがスーはマットがバックを殺そうとしていることを知り、彼の逃走に力を貸すことにする。マットはある日、ついにバックの隠れ家を突き止め阻止するスーを突きのけて急行するが、同じく逮捕に向かった警官に妨げられているうちにバックは逃走しようとして窓から墜落して死んでしまう。マットはスーが邪魔立てをしたのでひどく腹を立てる。スーは自分の真情を理解してくれないので、これも腹を立てる。二人は離婚する決心をして荷物まで運び出そうとするのであるが、何となくめでたく仲直りをしてしまう。

「タクシー(1932)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「タクシー(1932)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1932
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ナショナル社
レイティング

「タクシー(1932)」のみんなのレビュー

「タクシー(1932)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/14

ピーター・カパルディ(1958)

パディントン

世界40ヶ国語以上に翻訳される英作家マイケル・ボンドのロングセラー児童小説シリーズ、初の実写映画化。南米ペルーの奥地からイギリスのロンドンへやってきた紳士的なくまのパディントンの冒険をCGIやアニマトロニクスを用い描く。監督はコメディドラマ『マイティ・ブーシュ』を手がけたポール・キング。脚本には「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」のハーミッシュ・マッコールも参加している。パディントンの声を「007 スカイフォール」のベン・ウィショーが担当。ほか、「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマンがパディントンを狙う謎の女を演じる。

赤ずきんの森(2006)

暗く広大な森で少女が体験した怪奇と幻想を描くメルヘンスリラー。16歳で出産し、周囲の大人たちに子供を取り上げられてしまったケリーは、友人と出掛けた森で大木に抱かれる赤ちゃんを見つけ出す。“マクザム バリュー・コレクション 第三弾”。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:クレイグ・スタラチェン 製作:ロス・ボーランド 編集:コリン・モニー スペシャルエフェクツ:ボブ・キーン 出演:マーティン・コンプストン/ピーター・カパルディ/サマンサ・シールズ/ケヴィン・クイン
ジーナ・マッキー(1961)

ファントム・スレッド

「リンカーン」などで3度のアカデミー賞主演男優賞に輝いたダニエル・デイ・=ルイス主演のラブストーリー。1950年代のロンドン。ファッションの中心的存在として脚光を浴びるオートクチュールの仕立屋レイノルズは、若いウェイトレス、アルマと出会う。監督・脚本は、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン。出演は、「マルクス・エンゲルス」のヴィッキー・クリープス、「ターナー、光に愛を求めて」のレスリー・マンヴィル。音楽は、「インヒアレント・ヴァイス」のジョニー・グリーンウッド。第75回ゴールデングローブ賞2部門ノミネート。第90回アカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞。

ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して

「クリスマス・ストーリー」のアルノー・デプレシャンが、実話を基にアメリカで撮影したヒューマンドラマ。心に傷を負ったネイティブアメリカンとフランス人精神分析医の親交が導く静かな奇跡を描く。出演は「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳別れの手紙」のベニチオ・デル・トロ、「さすらいの女神(ディーバ)たち」のマチュー・アマルリック、「ひかりのまち」のジーナ・マッキー。

NEW今日命日の映画人 4/14

該当する人物がいません


「タクシー(1932)」を観ているあなたにおすすめの映画