モダンボーイ

もだんぼーい Modern Boy
上映日
2012年6月2日

製作国
韓国

上映時間
121分

ジャンル
サスペンス・ミステリー
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

日本占領下にある1937年の朝鮮を舞台に、ある女性を愛したことから爆破事件に巻き込まれた総督府書記官が、行方をくらました彼女を捜しつつ、事件の真相に迫ってゆく。出演は「黒く濁る村」のパク・ヘイル、「美人図」のキム・ナムギル、「2階の悪党」のキム・ヘス。監督は、「黒く濁る村」の脚本を担当したチョン・ジウ。

みんなのレビュー

「モダンボーイ」のストーリー

日本が朝鮮を占領していた1937年。朝鮮総督府1級書記官イ・ヘミョン(パク・ヘイル)は、親友のシンスケ(キム・ナムギル)とともに遊びに行った秘密クラブで、ダンサーのチョ・ナンシル(キム・ヘス)に一目惚れ。果敢なアタックが実を結び、夢のような恋愛が始まったものの、束の間の幸せは、ある日を境に暗転する。ナンシルがヘミョンに持たせた弁当が職場で爆発し、ナンシルが姿を消してしまったのだ。ナンシルの行方を探すヘミョンが知ったのは、ナンシルが名前も職業も男性もいくつか存在する正体不明の女性ということ。迫りくる危機の中、彼女への思いを募らせるヘミョンは、次第に歴史の渦に巻き込まれてゆく。果たして、ヘミョンはナンシルに再会し、事件の真相を明らかにすることができるのだろうか……。

「モダンボーイ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「モダンボーイ」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー
製作国 韓国
製作年 2008
公開年月日 2012年6月2日
上映時間 121分
製作会社 CJ Entertainment
配給 CJ Entertainment Japan
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 不明

「モダンボーイ」のみんなのレビュー

「モダンボーイ」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/23

ジャンヌ・モロー(1928)

天使の入江

人生に潜む冷淡で皮肉な側面を見つめたジャック・ドゥミ監督の長編第2作。パリで銀行員として働くジャンは、初めて訪れたカジノで大金を得る。以来、ギャンブルに取り憑かれた彼は、ブロンド女性・ジャッキーと意気投合し、共にのめり込んでいく。WOWOWにて放映後、アンスティチュ・フランセ東京で開催された特集企画『ジャック・ドゥミ、映画の夢』にて上映(上映日:2014年9月20日)。2017年7月22日より特集企画『ドゥミとヴァルダ、幸福についての5つの物語』にて劇場上映。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・台詞:ジャック・ドゥミ 撮影:ジャン・ラビエ 音楽:ミシェル・ルグラン 編集:アンヌ=マリー・コトレ 出演:ジャンヌ・モロー/クロード・マン/アンリ・ナシエ/ポール・ゲール

家族の灯り

ポルトガルの作家ラウル・ブランダンの戯曲を基に「ブロンド少女は過激に美しく」のマノエル・デ・オリヴェイラ監督が映画化。小さな港町を舞台に、失踪した息子の帰りを待ちわびる父と母、妻の姿を描く。出演は「楽園からの旅人」のマイケル・ロンズデール、「ブーベの恋人」のクラウディア・カルディナーレ、「突然炎のごとく」のジャンヌ・モロー、「永遠の語らい」のレオノール・シルヴェイラ、「ブロンド少女は過激に美しく」のリカルド・トレパ、「ノン、あるいは支配の空しい栄光」のルイス・ミゲル・シントラ。
小日向文世(1954)

奥様は、取り扱い注意

2017年に放送されたドラマ『奥様は、取扱注意』の劇場版。元特殊工作員の専業主婦・菜美と、菜美の夫で、実は彼女を監視する公安警察の勇輝。ある出来事がきっかけで菜美が記憶喪失になると、二人は名前を変え、地方都市・珠海市で新生活を始めるが……。出演は、「今夜、ロマンス劇場で」の綾瀬はるか、「空母いぶき」の西島秀俊。監督は、「カイジ ファイナルゲーム」の佐藤東弥。

コンフィデンスマンJP プリンセス編

「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなどを手がけてきた脚本家・古沢良太によるテレビドラマシリーズ『コンフィデンスマンJP』の劇場版第2弾。大富豪一族・フウ家の当主が他界。世界中の詐欺師が莫大な遺産を狙い、ダー子らもコンゲームを仕掛けようとする。ドラマシリーズの演出や前作の監督を務めた田中亮がメガホンを取った。長澤まさみ、東出昌大、小日向文世らお馴染みのキャスト陣に加え、世界有数の資産家レイモンド・フウを北大路欣也が、フウ家の執事トニー・ティンを柴田恭兵が、ダー子の子猫としてチームに新加入する少女・コックリを「カイジ ファイナルゲーム」の関水渚が演じる。

NEW今日命日の映画人 1/23

該当する人物がいません