太陽の帝王

たいようのていおう
上映日
1964年1月3日

製作国
アメリカ

ジャンル
歴史劇

ここが見どころ

千年の昔、マーヤ族が築いた文化と歴史を描いたアクション・スペクタクル史劇。製作は「雨に濡れた欲情」のルイス・J・ラクミル、監督は「隊長ブーリバ」のJ・リー・トンプソン、「折れた矢」のエリオミット・アーノルドの原作を彼とジェームズ・R・ウェッブが共同でシナリオを、「ペペ」のジョー・マクドナルドが撮影を「大脱走」のエルマー・バーンスタインが音楽を、それぞれ担当した。出演者は「隊長ブーリバ」のユル・ブリンナー、「ウエスト・サイド物語」のジョージ・チャキリス、「土曜の夜と日曜の朝」のシャーリー・アン・フィールドなど。

「太陽の帝王」のストーリー

マーヤ族のバラーム王子(ジョージ・チャキリス)の継位の儀式の最中、西方の部族ヒュナック(レオ・ゴードン)の急襲を受け、王子以下生き残りの兵士達は、脱出して海辺のインディアンにかくまわれた。しかし、そこさえもつきとめられ、村の漁船を集めて海上へ脱出を計った。そして今のテキサス州に漂着し、土着の小部族と交流しながら復讐を誓い、彼らの持つ文化で新しい村造りを始めた。インディアン酋長の娘イスチェル(シャーリー・A・フィールド)は、ヒュナックの猛襲前、父がバラーム王子と交わした結婚誓約に腹を立てながらも、2人は好意を認めていた。突如、領土を侵された北アメリカの好戦部族の酋長ブラック・イーグル(ユル・ブリンナー)が現れ、王子に戦を挑んできた。だが、瀕死の重傷を受けたイーグルを、必死の看病をするイスチェルは彼に心ひかれていった。彼の回復がうかがえる頃、マーヤ族の祭司たちは彼を新大陸のいけにえにしようと考えた。しかし、酋長の危険を知った部下たちは、急きょイーグルを救った。イーグルは両部族の共存をしようと、バラーム王子に手をさしのべた。その平和もヒュナックのマーヤ族へ対する襲撃に中断された。2部族は平和のために全力で応戦、見事ヒュナック一族を破った。だが、この戦いにイーグルを失うという大きな代償があった。王子はイーグルとその部下のお陰で、懐かしいマーヤの故郷へ戻ることができた。しかし、この高い代償を払った新しい土地を、彼らの故郷にすることに決めた。

「太陽の帝王」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「太陽の帝王」のスペック

基本情報
ジャンル 歴史劇
製作国 アメリカ
製作年 1963
公開年月日 1964年1月3日
製作会社 ミリッシュ・カンパニー映画
配給 ユナイテッド・アーチスツ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「太陽の帝王」のみんなのレビュー

「太陽の帝王」のレビューを書く