ド・ノーマル

どのーまる
上映日
2011年10月16日

製作国
日本

上映時間
102分

ジャンル
ドラマ コメディ

ここが見どころ

「世界最後の日々」の内田英治と若手俳優たちが共同で製作した手作り感たっぷりのインディペンデント映画。悲しいほどに滑稽な青春群像。2011年10月16日よりアップリンク・ファクトリーにて限定公開された。2012年5月5日より、大阪シネ・ヌーヴォXにて追加公開。

「ド・ノーマル」のストーリー

「普通すぎる」という理由で彼氏にフラれたアラサーのコンビニ店員、恵子(福田温子)は心機一転アブノーマルな女になることを決意。“ぶっ飛んだ女”を目指して大奮闘する。SM、そしてAVと次々に挑戦しては失敗。ついには踏み込んではいけない領域へと…。一方、ライダースにブーツ。パンクファッションに身をつつむ瑠理子(桑原麻紀)は気合の入ったバンドグルービー。今日も、ひいきにする売れないロックバンドの活動資金を稼ぐためにデリヘルのバイトへ。そんなある日、アキバ系のオタク青年・和馬(山本裕貴)と出会い、人生が変わっていく。OL10年目のつばさ(伊藤えみ)はツイッターやフェイスブック、ミクシーをはしごしていた。現実の友達はゼロ。ソーシャルネットワークの中でしか生きられない女だった。そんなある日、友達が100人もいるというリア充の女子高生・明美(関谷桃子)と出会い…。孝志(北山誠)の仕事はしがないキャッチ。女の子に声をかけてはキャバクラやAVに誘い込む。しかし夢は世界的な起業家になることで、毎日ビジネス書の名著「思考は現実化する」を読んで過ごしていた。そんなある日、ソフトバンクの孫社長からメールが送られてきたと騒ぎ出す。東京駅の八重洲口で孫社長と会う約束をしたのだという孝志。果たしてその真意は…?

「ド・ノーマル」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ド・ノーマル」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ コメディ
製作国 日本
製作年 2011
公開年月日 2011年10月16日
上映時間 102分
製作会社 SHOWZOO
レイティング 一般映画
アスペクト比 不明
カラー/サイズ カラー
音量 不明

「ド・ノーマル」のみんなのレビュー

「ド・ノーマル」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。