ジョルダーニ家の人々

じょるだーにけのひとびと
上映日
2012年7月21日

製作国
イタリア フランス

上映時間
399分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

イタリアのある家族の離別と再生を描く6時間39分の大河ドラマ。脚本を「輝ける青春」のサンドロ・ペトラリアとステファノ・ルッリ、監督をTVシリーズの演出で高く評価されているジャンルカ・マリア・タヴァレッリが担当した。出演は「あしたのパスタはアルデンテ」のエンニオ・ファンタスティキーニ、『子どもは何でも知っている』のダニエラ・ジョルダーノ。

「ジョルダーニ家の人々」のストーリー

ローマに暮らすジョルダーニ家は、一見不自由のない幸せな家族に見えた。技術者の父・ピエトロ(エンニオ・ファンタスティキーニ)は一家を養い、元医師の母・アニタ(ダニエラ・ジョルダーノ)は子育てのために仕事を辞め、外務省で働く長男アンドレア(クラウディオ・サンタマリア)は世界各地を回っている。心理学者の長女ノラ(パオラ・コルテッレージ)は結婚して独立し、第一子を妊娠中。次男ニーノ(ロレンツォ・バルドゥッチ)は大学で建築を学び、三男ロレンツォ(アレッサンドロ・スペルドゥーティ)は高校生活を謳歌していた。しかし、ロレンツォの不慮の死をきっかけに、家族は心に秘めていた問題が露呈していく。アニタは精神のバランスを崩して入院、不倫をしていたピエトロは、愛人とも別れて逃げるように家を出る。子供たちも様々な困難と向き合うことになり、その過程で境遇も考え方もまったく異なる人々と出会う。不法移民の女性とその娘、不治の病のフランス人、戦場で記憶を失った大尉……。一本の川がいつか大河の流れとなるように、父と母、アンドレア、ニーノ、ノラ、それぞれの運命と人生は、ふたたび織りあわされて血のつながりや民族を越え、より大きな家族を成してゆく……。

「ジョルダーニ家の人々」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ジョルダーニ家の人々」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 イタリア フランス
製作年 2010
公開年月日 2012年7月21日
上映時間 399分
製作会社 BiBi Film=Rai Fiction
配給 チャイルド・フィルム
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
音量 ステレオ

「ジョルダーニ家の人々」のみんなのレビュー

「ジョルダーニ家の人々」のレビューを書く

「ジョルダーニ家の人々」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/2

ダニエル・クレイグ(1968)

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のライアン・ジョンソンのもと豪華キャストが集結したミステリー。富豪作家のハーランが誕生会の翌日、遺体となって発見された。屋敷にいた全員に容疑がかかる中、匿名の人物から依頼を受けた名探偵ブノワは真相を探る。謎に迫る探偵ブノワ・ブランを「007」シリーズのダニエル・クレイグが、一族の問題児ランサム・ドライズデールを「キャプテン・アメリカ」シリーズのクリス・エヴァンスが演じるなど、オールスターキャストで事件の謎を描いていく。第77回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門作品賞・主演男優賞(ダニエル・クレイグ)・主演女優賞(アナ・デ・アルマス)ノミネート。

マイ・サンシャイン

ロサンゼルス暴動に巻き込まれた家族を描くドラマ。1992年、LAサウスセントラル。家族と暮らせない子どもたちを育てているミリーと、彼女たちを見守る隣人オビー。ある日、黒人が犠牲になった事件に対し不当な判決が出たことから、LAで暴動が始まる。監督は、「裸足の季節」のデニズ・ガムゼ・エルギュヴェン。出演は、「チョコレート」のハル・ベリー、「007」シリーズのダニエル・クレイグ。

「ジョルダーニ家の人々」を観ているあなたにおすすめの映画