逮捕命令

たいほめいれい
上映日
1959年2月24日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「対決の一瞬」のアラン・ドワン監督が作った西部劇。脚本を「地獄の道連れ」のカレン・デ・ウォルフが執筆、撮影は「対決の一瞬」のジョン・アルトンが担当している。音楽ルイス・フォーブス。出演するのは「対決の一瞬」のジョン・ペイン、「さまよう青春」のリザベス・スコット、「夜の道」のダン・デュリエ、新人ドロレス・モラン、ハリー・ケイリー・ジュニア、アラン・ヘール・ジュニア等。製作ベネディクト・ボジャース。テクニカラー・RKOスコープ。1955年作品。

「逮捕命令」のストーリー

独立祭を迎えたシルヴァ・ロード市はお祭気分にひたっていた。ダン・バラード(ジョン・ペイン)は、資産家エヴァンスの娘ローズ(リザベス・スコット)と結婚式をあげようとしていた。そこへ、連邦保安官と称するマッカーティ(ダン・デュリエ)と3人の部下がのりこんできて、ダンを殺人罪で逮捕するといい出した。2年前、ディスカヴァリー市でダンがマッカーティの弟から2万ドルを賭博でまきあげ、背後から射殺したというのだ。市民たちはこの4人を市から追出そうと騒ぎ出したが、ダンは確かに正当防衛で彼の弟を殺したことを認めた。こうなると市民の一部にもダンを疑うものが出はじめた。ダンは2時間の猶予をもとめてディスカヴァリー市の保安官と通信連絡して事を確かめようとした。しかし電信線は切断されて不通だった。ダンはかねて顔なじみの酒場女ドリーに助けをもとめた。ドリーの手引きでダンはマッカーティの部下の1人ジョンソンの口から、マッカーティが偽保安官であることを聞き出した。ところが血気にはやった市民たちが納屋で会っていたダンとジョンソンのところへ押しかけた。先頭にたったマッカーティはジョンソンを射殺し、次に事情をさとられた警吏を殺して、格闘のすえ拳銃をダンに奪われた。その時、戸を破った市民たちが入ってきて、誤解した彼等はいまやすべてダンの敵にまわってしまった。ドリーの部屋にひとまずかくれたダンは、教会に逃げこんだが、マッカーティによって鐘楼に追いつめられて、弾丸尽きて素手で彼と対した。マッカーティは引金をひいた。しかし鐘にあたった弾丸は、はねかえってマッカーティ自身を倒した。そこに電信がやっと通じて、マッカーティが偽保安官で、おたずね者であることが判明した。市民たちも今はダンに対しての誤解を改めた。

「逮捕命令」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「逮捕命令」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1955
公開年月日 1959年2月24日
製作会社 RKOラジオ映画
配給 RKOラジオ映画
レイティング
カラー/サイズ カラー

「逮捕命令」のみんなのレビュー

「逮捕命令」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません


「逮捕命令」を観ているあなたにおすすめの映画