タイタンの戦い(1981)

たいたんのたたかい Clash of the Titans
上映日
1981年12月19日

製作国
アメリカ

上映時間
118分

ジャンル
冒険 ファンタジー
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

ギリシャ神話を基に若くたくましい英雄ペルセウスの恋と冒険を描くファンタジー映画。製作はチャールズ・H・シニアとレイ・ハリーハウゼン、監督は「ひとりの瞳」のデズモンド・デイビス、脚本はビヴァリー・クロス、撮影はテッド・ムーア、音楽はローレンス・ローゼンタール、編集はティモシー・ギー、美術はドン・ピクトン、ピーター・ハウィット、ジョルジォ・デシデーリとフェルナンド・ゴンザレス、特殊撮影効果はレイ・ハリーハウゼンが各々担当。出演はハリー・ハムリン、ジュディ・バウカー、ローレンス・オリビエ、クレア・ブルーム、マギー・スミス、アーシュラ・アンドレス、ジャック・グウィリム、バージェス・メレディス、ショーン・フィリップス、スーザン・フリートウッドなど。

「タイタンの戦い(1981)」のストーリー

アルゴスの国王の娘ダナエは、神々の中の神ともいえるゼウス(ローレンス・オリビエ)とのたわむれの恋の結果、男の子を生み、その罪として、男児ともども海に投げられてしまう。一方、ゼウスは、山頂の神殿で妻ヘラ(クレア・ブルーム)、海の女神テティス(マギー・スミス)、美と愛の女神アフロディテ(アーシュラ・アンドレス)、知恵の女神アテナ(スーザン・フリートウッド)らを傍に置き悠々なる日々を送っている。しかし娘、を海に投げ入れたアルゴス国王の行動に怒り、海神ポセイドン(ジャック・グウィリム)に海獣クラケンを放ち民ともどもアルゴスを滅ぼすよう命じる。海底からクラケンが現われ、波にのまれるアルゴスの町。一方ダナエとペルセウスは、ゼウスの願いどおり、セリポス島に流れつき平和な歳月を送る。やがて少年はたくましい若者(ハリー・ハムリン)に成長する。そして彼はセリポスから東方ヨッパへと移った。そこの円形劇場で詩人で劇作家のアモン(バージェス・メレディス)に会った彼は、アモンからそこが呪いのかけられた町ヨッパであることを聞き、母が願っていたアルゴス再建をその地から始める決心をする。ヨッパの町でぺルセウスは、女神テティスの呪いをかけられた娘アンドロメダ(ジュディ・バウカー)の話を聞く。彼女に求婚したものはナゾをかけられ解けないと火刑に処せられるというのだ。興味をもったペルセウスは、宮殿でアンドロメダを見かけ、その美しさに心を奪われる。そしてハゲタカに連れ去られる彼女をペガサスに乗って追った。山河を越えてついた先には怪獣と化したテティスの息子カリボスがいた。テティスの宮殿で対決する2人。見事勝ったペルセウスは、テティスにヨッパにかけた呪いを解かせた。人々の祝福の中、アンドロメダと婚約するペルセウス。しかし、カシオペア(ショーン・フィリップス)の失言でテティスを怒らせ、アンドロメダをクラケンのいけにえに供えるという命令が下される。愛するアンドロメダを救うため、クラケン退治の方法を求めて苦難の旅に出るペルセウス。カリボスやメドゥサなどの敵をうちまかし、クラケン退治の方法を知ったペルセウスは、いけにえ寸前のアンドロメダのもとへペガサスに乗って向かい、見事クラケンを退治するのだった。

「タイタンの戦い(1981)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「タイタンの戦い(1981)」のスペック

基本情報
ジャンル 冒険 ファンタジー
製作国 アメリカ
製作年 1981
公開年月日 1981年12月19日
上映時間 118分
製作会社 チャールズ・Hシニア・プロ
配給 MGM=CIC
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビー

「タイタンの戦い(1981)」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません