ターザンの大逆襲

たーざんのだいぎゃくしゅう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ターザンと黄金の谷」に次ぐ、ターザン映画。製作指揮はサイ・ワイントローブ、製作は「ターザンと黄金の谷」を監督したロバート・デイ、監督はロバート・ゴードン。脚本はステファン・ロード、撮影はオーゼン・セメット、音楽はウィリアム・ルーズとイゴー・カンター、美術はミルトン・マンがそれぞれ担当。出演は「ターザンと黄金の谷」のマイク・ヘンリー。他にアリツィア・ガー、スティーヴ、ボンド、ラファー・ジョンソン、ロナルド・ガンス、エドワード・ジョンソンなど。カラー、パナビジョン。1968年作品。

「ターザンの大逆襲」のストーリー

新鉱脈を求めて探検の旅をしていた地質学者のブルーニック博士は、息子のエリック少年、ペットの豹の子とともに激流にのまれてしまった。やがて博士の死体とカヌーが発見された。それから7年後、女性ジャーナリストのメイナ(アリツィア・ガー)と助手のカメラマン、ケン(ロナルド・ガンス)は、ジャングル・ボーイ(スティーヴ・ボンド)--おそらくブルーニック博士の遺児と考えられる--の捜索を、ターザン(マイク・ヘンリー)に依頼しにきた。協力を約束したターザンは、凶暴なサグンダ族の老酋長オタラを訪ねることにし、彼の2人の息子ナガンビ(ラファー・ジョンソン)とブハル(エド・ジョンスン)が、酋長の座を争う式に招かれた。酋長になる権利はブハルに与えらえっることになったが、彼にかかわりあったことから、ターザンはナガンビのうらみをかってしまった。その後、老酋長は死に、新酋長ブハルは、少年を無事渡すことを誓ったが、白人はサグンダ国へは一歩も入ることを許さなかった。ターザンはブハルの言葉を無視し、少年を探しに出かけたが、勝ち気なメイナは、チータを連れて後を追った。その頃、ブハルはナガンビにいためつけられ、ライオンの餌食にされそうになったが、ジャングル・ボーイと大きく成長した豹のテナに救われた。彼らは隠れ家を求め、シヤシの集落にやってきたが、そこへサグンダ戦士の一団が襲ってきた。シヤシの酋長は殺されてしまった。やっとの思いで逃れたボーイとブハルは、ボーイの秘密の家に辿りついた。ターザンはこのボーイの後をつけ、サグンダの戦士に包囲されているところを救ってやった。そして、2人はすぐに友達になった。そこへチータが現われたことで、ターザンはメイナが危機にあることを知り、彼女の一行を探しに出た。メイナはサグンダの集落にとらわれていた。ターザンは集落に潜入し、メイナを助け出すことに成功したが、ナガンビに発見されてしまた。メイナをかばいながら、ターザンは狂暴なサグンダの兵士を相手に、ひとり闘った。しかし、多勢に無勢、2人はだんだんと追いつめられていってしまった。そして、今や危うしというところへ、ブハルがかけつけた。ナガンビとブハルは、再度酋長の座をかけて闘った。そして、ブハルはまたもナガンビを倒したのだった。こうして、ボーイは血なまぐさいジャングルを後に、ターザンに見送られながらメイナたちとともに、故国へ帰っていった。(松竹=パラマウント共同配給*1時間30分)

「ターザンの大逆襲」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ターザンの大逆襲」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1968
製作会社 パラマウント作品
配給 松竹=パラマウント
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「ターザンの大逆襲」のみんなのレビュー

「ターザンの大逆襲」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

「ターザンの大逆襲」を観ているあなたにおすすめの映画