タッチ・ダウン(1931)

たっちだうん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

名コーチャーと謳われた故ヌート・ロックイニイーの助手をしてたフランシス・ウォレス作の蹴球小説「スタディアム」を映画化したもので、「砲煙」「征服群」と同じくグローヴァ・ジョーンズとウィリアム・スレイヴンス・マクナットが共同脚色し、「いんちき商売」「青春来る(1931)」のノーマン・マクロードが監督し「いんちき商売」「哄笑の世界」のアーサー・L・トッドが撮影した。主役は「沈黙の犯罪」「砲煙」のリチャード・アーレンで「沈黙(1931)」のペギー・シャノン、「おしゃれ牧場」「珍暗黒街」のジャック・オーキイ、「キック・イン」のレジス・トゥーミー、「名門芸術」のチャールズ・スターレット、「陽気な中尉さん」のジョージ・バービア、「蹴球大学」のJ・ファーレル・マクドナルド等が共演している。

「タッチ・ダウン(1931)」のストーリー

強大な蹴り球チームを持っているミッドウェスト大学を卒業した蹴り球選手のダン・カーティスは某大学のコーチとなったがその成績がよいのでエル・エム大学にコーチとして招聘された。エル・エム大学の卒業生で金持ちのジェローム・ゲーリングは大きな競技場を寄付した。彼の息子のポールは蹴球部の選手である。娘のメエリーは最も熱心な応援者の一人だった。ダンは素質の良い中学の蹴球選手を選んで入学させ、みっちりしこんで強いチームを作ることを条件としてエル・エム大学のコーチとなった。勝てば給金を増やしてもらえると言うのでダンは是非勝とうと決心した。メエリーはダンと同窓だったトム・ハッシーに恋していたが、ダンと会うに及んで最初は嫌がったが男らしい気性に惚れてしまった。ユニオン大学との試合中ポールは頭部に重傷を受けたが、ダンは医師に重傷であることを本人には言わないでくれと頼んだ。ポールの代わりにでる選手は膝が悪いのでダンはノヴォカインを注射した。その選手はこれが最後で、今後は競技が出来なくなるとは知らずに活躍してエル・エムを勝利に導いた。メエリーは注射事件を聞いてダンと喧嘩してしまう。シーズンの花のトーナメント試合ではエル・エムの旗色が悪く観衆はポールを出せと叫んだ。ポールは大きなバンド・キックに優れているので敵のタッチダウンを防ぐことは十分だった。ポール自身は勿論出場したがっていたが、ダンはポールの古傷が破れたら死んでしまうことを知ったので、試合に負けてもポールを出すまいと決心した。試合は進んでついにエル・エムは敗北した。ダンは罵声を浴びねばならなかった。 しかし彼がポールを殺さぬ為に出場を許さなかったことがやがて解ったとき、メエリーはダンと仲直りした。

「タッチ・ダウン(1931)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「タッチ・ダウン(1931)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1931
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「タッチ・ダウン(1931)」のみんなのレビュー

「タッチ・ダウン(1931)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。

「タッチ・ダウン(1931)」を観ているあなたにおすすめの映画