タッチ・ダウン(1931)

たっちだうん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

名コーチャーと謳われた故ヌート・ロックイニイーの助手をしてたフランシス・ウォレス作の蹴球小説「スタディアム」を映画化したもので、「砲煙」「征服群」と同じくグローヴァ・ジョーンズとウィリアム・スレイヴンス・マクナットが共同脚色し、「いんちき商売」「青春来る(1931)」のノーマン・マクロードが監督し「いんちき商売」「哄笑の世界」のアーサー・L・トッドが撮影した。主役は「沈黙の犯罪」「砲煙」のリチャード・アーレンで「沈黙(1931)」のペギー・シャノン、「おしゃれ牧場」「珍暗黒街」のジャック・オーキイ、「キック・イン」のレジス・トゥーミー、「名門芸術」のチャールズ・スターレット、「陽気な中尉さん」のジョージ・バービア、「蹴球大学」のJ・ファーレル・マクドナルド等が共演している。

「タッチ・ダウン(1931)」のストーリー

強大な蹴り球チームを持っているミッドウェスト大学を卒業した蹴り球選手のダン・カーティスは某大学のコーチとなったがその成績がよいのでエル・エム大学にコーチとして招聘された。エル・エム大学の卒業生で金持ちのジェローム・ゲーリングは大きな競技場を寄付した。彼の息子のポールは蹴球部の選手である。娘のメエリーは最も熱心な応援者の一人だった。ダンは素質の良い中学の蹴球選手を選んで入学させ、みっちりしこんで強いチームを作ることを条件としてエル・エム大学のコーチとなった。勝てば給金を増やしてもらえると言うのでダンは是非勝とうと決心した。メエリーはダンと同窓だったトム・ハッシーに恋していたが、ダンと会うに及んで最初は嫌がったが男らしい気性に惚れてしまった。ユニオン大学との試合中ポールは頭部に重傷を受けたが、ダンは医師に重傷であることを本人には言わないでくれと頼んだ。ポールの代わりにでる選手は膝が悪いのでダンはノヴォカインを注射した。その選手はこれが最後で、今後は競技が出来なくなるとは知らずに活躍してエル・エムを勝利に導いた。メエリーは注射事件を聞いてダンと喧嘩してしまう。シーズンの花のトーナメント試合ではエル・エムの旗色が悪く観衆はポールを出せと叫んだ。ポールは大きなバンド・キックに優れているので敵のタッチダウンを防ぐことは十分だった。ポール自身は勿論出場したがっていたが、ダンはポールの古傷が破れたら死んでしまうことを知ったので、試合に負けてもポールを出すまいと決心した。試合は進んでついにエル・エムは敗北した。ダンは罵声を浴びねばならなかった。 しかし彼がポールを殺さぬ為に出場を許さなかったことがやがて解ったとき、メエリーはダンと仲直りした。

「タッチ・ダウン(1931)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「タッチ・ダウン(1931)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1931
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「タッチ・ダウン(1931)」のみんなのレビュー

「タッチ・ダウン(1931)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/18

北野武(1947)

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。

アウトレイジ 最終章

北野武監督が手掛けるバイオレンスシリーズ最終章となる3作目。大友が身を寄せる韓国の張会長を相手に、花菱会の花田がトラブルを起こす。花菱会会長の野村と若頭の西野による覇権争いは張会長襲撃にまで発展し、張会長に恩義を感じる大友は帰国を決意する。前作に続きビートたけし、西田敏行、塩見三省、金田時男、白竜、名高達男、光石研、中村育二、松重豊らが出演するほか、「ミュージアム」の大森南朋、「エヴェレスト 神々の山嶺」のピエール瀧、「TAP THE LAST SHOW」の岸辺一徳、「シン・ゴジラ」の大杉蓮、「ボクの妻と結婚してください。」の原田泰造、「レイルロード・タイガー」の池内博之、「シン・ゴジラ」の津田寛治らがシリーズ初出演する。
片桐はいり(1963)

きまじめ楽隊のぼんやり戦争

私をくいとめて

「勝手にふるえてろ」の綿矢りさ(原作)&大九明子(監督)コンビが再タッグ。30歳を越え、“おひとりさま”が板についた黒田みつ子。脳内にいるもう一人の自分“A”と平和な生活を満喫していた彼女はある日、年下の営業マン、多田くんに恋してしまう。出演は「星屑の町」ののん、「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の林遣都。

「タッチ・ダウン(1931)」を観ているあなたにおすすめの映画