ソプラノ奥様

そぷらのおくさま
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「巌窟王(1934)」「暴君ネロ(1932)」のエリッサ・ランディと「盲目の飛行士」「三日姫君」のケーリー・グラントが主役を演じる映画で、「三角の月」「彼女は僕を愛さない」のエリオット・ニュージェントが監督に当たったもの。原作はギルダ・ヴァレシ・アーキボルドとドロテア・ダン・バーンズ共作の戯曲で、「可愛いマーカちゃん」「明日無き抱擁」のグラディス・レーマンがチャールズ・ブラケットと共同して脚色した。撮影は「女は要らねえ」のシロドア・スパーキュールと「盲目の飛行士」のウィリアム・C・メラーが共同担当。助演は「ルムバ」「その夜の真心」のリン・オヴァーマンを始め、「青春の頬杖」のシャロン・リン、新顔のミシュレット・ビュラニ、「空中レヴュー時代」のポール・ポルカシ、「海軍士官候補生(1933)」のフランク・アルバートソン、「西部無敵王」のセシリア・パーカー、エイドリアン・ロズリーらで、有名な歌手のポネーリが特別出演している。

「ソプラノ奥様」のストーリー

ロンドンのコオヴェント・ガーデンでイタリアのオペラ女優リザ・デラ・ロビアは聴衆を魅了していた。ボックスでジェラルド・フィッジエラードはフローラ・プレストンと言う婦人と見物していたが、リザの衣装に蝋燭の火が燃え移ったのを見て、舞台へ飛び下り、火を揉み消そうとしたが、カーテンに頭を撃たれて失神して倒れた。リザは彼を自分の邸に連れていって心からの介抱をした。2人は恋仲となり、リザの支配人ファーンハムの反対を一蹴して結婚した。ジェラルドはリザの巡業中、楽しい新婚気分を味わうつもりでいたが、彼は犬の面倒を見たり、召使たちの手伝いをしたりせねばならなかったので、早く旅興行の終わる事を祈っていた。巡業が終われば2人でアメリカへ休暇を楽しみに行く想定であった。しかしリザは又新しい巡業の契約をしたので、ジェラルドは1人でアメリカに出発したが、船中で彼はフローラに再会した。リザとの結婚生活にあきたらないジェラルドは次第にフローラへ傾いていった。やがて彼は妻に離婚を求める旨電報を送った。リザは早速アメリカへ渡って来、ジェラルドの心を取り戻すべく彼女一流の芝居を打った。今はフローラと結婚するばかりになっていたジェラルドではあったが、やはりリザが忘れられず、元の莢に帰った。リザの芝居は見事に成功したのであった。フローラは怒って莫大な手切れ金を要求し、新聞記者はリザの許へ押し寄せた。丁度この時リザの許へ南米から契約を申し込んで来ていたのを幸い、ジェラルドとリザは非常梯子から逃れて南米へ向かった。けれど今後はジェラルドはもはや犬の世話をしないでよくなった。リザは彼の忠実な妻になると言うのである。

「ソプラノ奥様」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ソプラノ奥様」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1935
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「ソプラノ奥様」のみんなのレビュー

「ソプラノ奥様」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません