ソプラノ奥様

そぷらのおくさま
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「巌窟王(1934)」「暴君ネロ(1932)」のエリッサ・ランディと「盲目の飛行士」「三日姫君」のケーリー・グラントが主役を演じる映画で、「三角の月」「彼女は僕を愛さない」のエリオット・ニュージェントが監督に当たったもの。原作はギルダ・ヴァレシ・アーキボルドとドロテア・ダン・バーンズ共作の戯曲で、「可愛いマーカちゃん」「明日無き抱擁」のグラディス・レーマンがチャールズ・ブラケットと共同して脚色した。撮影は「女は要らねえ」のシロドア・スパーキュールと「盲目の飛行士」のウィリアム・C・メラーが共同担当。助演は「ルムバ」「その夜の真心」のリン・オヴァーマンを始め、「青春の頬杖」のシャロン・リン、新顔のミシュレット・ビュラニ、「空中レヴュー時代」のポール・ポルカシ、「海軍士官候補生(1933)」のフランク・アルバートソン、「西部無敵王」のセシリア・パーカー、エイドリアン・ロズリーらで、有名な歌手のポネーリが特別出演している。

「ソプラノ奥様」のストーリー

ロンドンのコオヴェント・ガーデンでイタリアのオペラ女優リザ・デラ・ロビアは聴衆を魅了していた。ボックスでジェラルド・フィッジエラードはフローラ・プレストンと言う婦人と見物していたが、リザの衣装に蝋燭の火が燃え移ったのを見て、舞台へ飛び下り、火を揉み消そうとしたが、カーテンに頭を撃たれて失神して倒れた。リザは彼を自分の邸に連れていって心からの介抱をした。2人は恋仲となり、リザの支配人ファーンハムの反対を一蹴して結婚した。ジェラルドはリザの巡業中、楽しい新婚気分を味わうつもりでいたが、彼は犬の面倒を見たり、召使たちの手伝いをしたりせねばならなかったので、早く旅興行の終わる事を祈っていた。巡業が終われば2人でアメリカへ休暇を楽しみに行く想定であった。しかしリザは又新しい巡業の契約をしたので、ジェラルドは1人でアメリカに出発したが、船中で彼はフローラに再会した。リザとの結婚生活にあきたらないジェラルドは次第にフローラへ傾いていった。やがて彼は妻に離婚を求める旨電報を送った。リザは早速アメリカへ渡って来、ジェラルドの心を取り戻すべく彼女一流の芝居を打った。今はフローラと結婚するばかりになっていたジェラルドではあったが、やはりリザが忘れられず、元の莢に帰った。リザの芝居は見事に成功したのであった。フローラは怒って莫大な手切れ金を要求し、新聞記者はリザの許へ押し寄せた。丁度この時リザの許へ南米から契約を申し込んで来ていたのを幸い、ジェラルドとリザは非常梯子から逃れて南米へ向かった。けれど今後はジェラルドはもはや犬の世話をしないでよくなった。リザは彼の忠実な妻になると言うのである。

「ソプラノ奥様」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ソプラノ奥様」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1935
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「ソプラノ奥様」のみんなのレビュー

「ソプラノ奥様」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません