底抜け最大のショウ

そこぬけさいだいのしょう Three Ring Circus
上映日
1955年1月22日

製作国
アメリカ

上映時間
103分

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

「北京超特急」のハル・B・ウォリスが製作したヴィスタヴィジョン第2作で、「底抜けびっくり仰天」のディーン・マーティンとジェリー・ルイスが共演する喜劇である。ドン・マクガイアの脚本を「六つの橋を渡る男」のジョセフ・ペヴニーが監督した。テクニカラー色彩の撮影は「ホワイト・クリスマス」のロイヤル・グリグス、音楽はウォルター・シャーフである。共演は、「雷鳴の湾」のジョアン・ドルー、「リリー」のザ・ザ・ガボール、エルザ・ランチェスター、ウォーレス・フォードなど。

「底抜け最大のショウ」のストーリー

軍隊で相棒だったピート・ネルスン(ディーン・マーティン)とジェリー・ホチキス(ジェリー・リュィス)は除隊しても仕事がなく、サーカスに入ることになった。サーカスの持ち主はジル・ブレント(ジョアン・ドルー)という娘だった。ジェリーはライオン使いの弟子になったが、ライオンの檻のなかで散散な目にあい、道化師パフォの弟子にかえて貰った。しかしパフォはジェリーに好感を持たなかった。一座のスターである綱渡りの芸人サーディア(ザ・ザ・ガボール)はピートに想いを寄せていた。ジェリーは病気で休んだ道化役の代役を仰せつかり、その真剣な演技で拍手喝采をうけた。大スター、サーディアのおかげで勢力を得たピートは、サーカスのサイド・ショーとして賭博ゲームを新設し、ジルは苦苦しく思ったが黙認していた。ジルの誕生日パーティの日、酔ったパフォが、ピートとジェリーをクビにしろといきまき、ジェリーを殴った。ジルはその場でパフォをクビにし、ジェリーが彼の代わりをつとめることになった。ジェリーはたちまち一座のスターになった。ピートの勢力は次第につよくなり、自分の思うように運営できぬジルはやむをえずピートを座長にしてしまった。座長となったピートはジェリーをナンバーワンのスターにしたので、サーディアは憤慨して一座を去った。しかし、子供たちのための慈善興行をピートが断ったため、ジェリーはピートと縁を切り、道化師たちと計って慈善興行を催すことにした。ピートは一座に見捨てられてしまったのだ。慈善興行は大成功だったが、ピートを失ったジェリーは淋しかった。だが、そのジェリーも自分の誤りをさとって慈善興行に参加するためやって来た。ジルとピートはそして思わず抱き合った。その時になってお互いに愛し合っていたことをはじめて知ったのだった。

「底抜け最大のショウ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「底抜け最大のショウ」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1954
公開年月日 1955年1月22日
上映時間 103分
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント映画会社
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 モノラル

「底抜け最大のショウ」のみんなのレビュー

「底抜け最大のショウ」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません