双頭の殺人鬼

そうとうのさつじんき
上映日
1959年7月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
ホラー

ここが見どころ

日本を舞台にした怪奇空想映画で、1人の日本人科学者が研究の鬼と化し、実験的に怪奇な人間を造り出すという物語。ジョージ・ブレイクストンと、かつて「バウンティ号の叛乱」でアカデミー編集賞を得たことのあるケネス・G・クレーンが監督にあたり、脚本はジョージ・ブレイクストンのオリジナル・ストーリーをウォルター・J・シェルドンが脚色したもの。撮影はデイヴィッド・メイスン。音楽は小川寛興、出演するのは英国映画界のピーター・ダインリーとジェーン・ヒルトンをはじめ、日本映画界から中村哲、武智豊子、ジェリー伊東等が出演している。製作ジョージ・ブレイクストン。

「双頭の殺人鬼」のストーリー

火山の麓、岩窟の奥の研究室。鈴木博士(中村哲)は美しい女助手タラ(T・ジマーン)を相手に、宇宙線が生物に与える作用を人工的に行う実験をしていた。研究に熱心のあまり、博士は人体実験に手をのばし、妻のえみ子を得体の知れぬ怪物に、弟の健次を獣人にしてしまった。ある日、ワールド・プレスの特派員ラリー(ピーター・ダインリー)が研究所に訪ねて来た。彼は近く妻のリンダ(ジェーン・ヒルトン)の待つアメリカに帰ることになっていた。博士は彼をみて、絶好の実験台とばかり、彼に麻薬と魔の薬液を右肩に注射した。それからのラリーは、東京支局マシューズが驚くばかり人が変わった。彼は博士の命令でタラと情痴の日々を送っていた。タラはいつしか彼に愛情を感じはじめた。リンダは急拠東京に向かった。しかし、ラリーは彼女をみむきもしなかった。ラリーの体に変化が起こった。野獣のような毛が生え、右肩に目が生えた。彼は女を殺したい衝動にかられた。苦悩から逃れようとラリーは、寺を訪ねた。そこで発作が起こり老僧を絞め殺してしまった。帰途、タラを訪ねた彼は、正気にもどり、持っていた数珠をいぶかしがった。謎の事件が東京を恐怖に包んだ。心配したマシューズはラリーに有名な精神医ジエンセン博士を紹介した。医者を訪ねたラリーの顔が、みるみる殺人鬼に変化し、右肩から野獣の首が生えた。双頭鬼となったラリーは博士を惨殺した。警視庁は会田警視の指揮のもとに、怪物捜査に努力したが、行方がわからなかった。鈴木博士は自分の実験を後悔した。タラはラリーをもとの体に戻してくれと頼んだ。しかし、だめだった。研究所に双頭の怪物が現れ、博士は殺され、タラは失神した。怪物はタラをかかえて噴火口に登った。捜査隊が後を追った。怪物が溶岩の間を通ったとき、不思議な分裂が起こった。身2つとなったラリーと野獣は格闘を始めた。ラリーはタラを助けようとした。が、2人は噴火口に落ちた。ラリーは正気にもどった。鈴木博士とタラの死で、謎の事件は永遠に葬られた。

「双頭の殺人鬼」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「双頭の殺人鬼」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー
製作国 アメリカ
製作年 1959
公開年月日 1959年7月10日
製作会社 J・ブレイクストン・プロ映画
配給 ユナイテッド・アーチスツ
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード

「双頭の殺人鬼」のみんなのレビュー

「双頭の殺人鬼」のレビューを書く

「双頭の殺人鬼」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/12

ラミ・マレック(1981)

ドクター・ドリトル(2020)

ロバート・ダウニー・Jrが製作総指揮・主演を務めたアクションアドベンチャー。動物と話しができる医師のドリトル先生は、世間から距離を取り、ひっそりと暮らしていた。だが、病に倒れた女王を救うため、仲間の動物たちと共に伝説の島へと旅立つことに。監督は「ゴールド/金塊の行方」のスティーヴン・ギャガン。「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」のアントニオ・バンデラスが共演。ヒュー・ロフティングの世界的ベストセラーを原案としている。

パピヨン(2017)

スティーブ・マックイーン主演による「パピヨン(1973)」をリメイク。無実の罪で終身刑を言い渡され、周囲を海に囲まれた孤島に送り込まれたパピヨン。自由を求め何度も脱獄を試みる彼は、志を同じくする紙幣偽造の天才ドガと出会い、奇妙な友情で結ばれてゆく。出演は「キング・アーサー」のチャーリー・ハナム、「ボヘミアン・ラプソディ」のラミ・マレック、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」のトミー・フラナガン、「ブリッジ・オブ・スパイ」のイヴ・ヒューソン。監督は、第31回東京国際映画祭コンペティション部門出品の『氷の季節』で審査委員特別賞と最優秀男優賞を受賞したデンマークの新鋭マイケル・ノアー。本作は、アンリ・シャリエールの壮絶な実体験を基にした自伝小説と、ダルトン・トランボによるオリジナル脚本の両方をベースに「プリズナーズ」のアーロン・グジコウスキが脚本を執筆、73年版にはなかったパリでのエピソードも追加されている。
余貴美子(1956)

痛くない死に方

在宅医療のスペシャリスト・長尾和宏のベストセラーを「赤い玉、」の高橋伴明が映画化した人間ドラマ。痛くない在宅医を選択したはずの末期がん患者が苦しみ続ける最期を迎えてしまい、在宅医の河田は先輩の長野からカルテではなく本人を見るよう指摘される。壁にぶつかりながら医師として成長する河田仁を「火口のふたり」の柄本佑が、先輩医師の長野浩平を「赤い玉、」の奥田瑛二が演じる。原作者の長尾和宏が医療監修を務めている。劇場公開に先駆け、第45回湯布院映画祭の秋の陣にて特別試写作品として上映。

泣く子はいねぇが

是枝裕和率いる映像制作者集団“分福”の新人・佐藤快磨のオリジナル脚本による長編デビュー作。秋田県男鹿市にある寂れた港町。娘が生まれたものの、いつまでも父親の自覚を持つことができないたすくは、ついに妻のことねから愛想を尽かされてしまい……。出演は「タロウのバカ」の仲野太賀、「見えない目撃者」の吉岡里帆。

「双頭の殺人鬼」を観ているあなたにおすすめの映画