銭の罠

ぜにのわな
上映日
1966年3月2日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ライオネル・ホワイトの原作を「パリの旅愁」のウォルター・バーンスタインが脚色、「ランダース」のバート・ケネディが監督したスリリングな犯罪ドラマ。撮影は「青空のデイト」のポール・C・ヴォーゲル、音楽はハル・シェーファーが担当した。出演は「不時着」のグレン・フォード、「暗闇でドッキリ」のエルケ・ソマー、「サーカスの世界」のリタ・ヘイワース、「シャイアン」のリカルド・モンタルバン、「ふるえて眠れ」のジョセフ・コットン、ほかにトム・リーズ、ジェームズ・ミッチャム、アルジェンティナ・ブルネッティなど。製作はデイヴィッド・カーとマックス・E・ヤングスタイン。

みんなのレビュー

「銭の罠」のレビューを書く

「銭の罠」のストーリー

父親からもらった株で、殺人係の刑事ジョー(グレン・フォード)は妻のライザ(エルケ・ソマー)と豪華な暮らしをしていたが、最近になって突然その株が無配となり2人の生活は苦しくなった。そんなとき、裕福な町医者ティルデン(ジョセフ・コットン)の家で強盗未遂事件が起こった。ジョーが相棒のピート(リカルド・モンタルバン)と現場に駆けつけると、押入ったのはケニーという小ものの麻薬密売者で金庫破りの最中、ティルデンに射殺されていた。こと切れたと思われたケニーにまだ息があり、救急車の中で彼がティルデンの手先だったこと、金庫に大金のあることやその番号のメモまでジョーに見せて死んだ。ジョーはティルデンの周囲を洗いはじめた。ケニーの未亡人に会ってみると、ジョーの幼なじみのロザリー(リタ・ヘイワース)だった。彼女の口からティルデンが麻薬に関係ありと確信を得て、ジョーは医師の金を盗む計画をたてた。ピートがそれを嗅ぎつけ、仲間に割りこんだ。医師の留守を狙って押入り、召使いを撲り倒して、重傷をうけたピートと金をわが家へ運び込んだ。弾丸を摘出しなければ助からないが、病院へ運ぶことはできない。麻薬とひきかえという条件で、医師に手術させることにしたが、すでに手遅れ。が、ジョーはティルデンに約束どおり麻薬を渡した。医師は例の召使いにジョーを殺せと命じた。彼はそれを怒って2人を射殺した。しかし、ジョーも1弾を受けていた。手当てが必要だったが、すべては終わりと彼は覚悟していた。ライザは、彼をこんな窮地に追いこんだのは自分のわがままであると深く後悔して、夫への深い愛に目覚めた。彼女は病院へ電話し、救急車を呼んだ。

「銭の罠」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「銭の罠」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1965
公開年月日 1966年3月2日
製作会社 マックス・E・ヤングスタイン・エンタプライズ映画
配給 MGM
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「銭の罠」のみんなのレビュー

「銭の罠」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません