嵐の娘(1918)

あらしのむすめ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

「嵐の娘(1918)」のストーリー

嵐の夜、路傍からアンディーの手に救い上げられて成人したアリエルは、長の年月の養親の許を逃れてロンドンへ走った。これは飛行機の椿事で受けた傷を癒すためアンディーの家へ留っていたシャーレイの恋人として恥しからぬ教育を受けるためである。彼女はロンドンで年老いた2人の音楽家に舞踏の手腕を認められ、劇団の支配人ストローマンに紹介された。彼はアリエルが成功した後、もしシャーレイとの恋が破れた時は再び彼の許へ帰って来るという条件でダンサーの教育を与える。数年の後舞踏の名手と唱われるようになったアリエルは、シャーレイがすでにエレンと婚約の間なのを知り昔の恋を取り戻そうとした。そして1度はエレンの母の願によりシャーレイを思い切りはしたが、エレンの変心から2人の愛は復活し、危うくストローマンの毒手に掛かろうとしたアリエルはシャーレイの手に救われた。

「嵐の娘(1918)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「嵐の娘(1918)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1918
製作会社 パラルタ映画
配給 天活輸入
レイティング

「嵐の娘(1918)」のみんなのレビュー

「嵐の娘(1918)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/5

フランキー・ムニッズ(1985)

レーシング・ストライプス

競争馬に仕立てられたシマウマの活躍を描く動物エンタテインメント。監督・原作は「キャメロット」のフレデリック・デュショー。撮影は「スクービー・ドゥー」のデイヴィッド・エグビー。音楽は「ツイステッド」のマーク・アイシャム。美術は「すべては愛のために」のウォルフ・クルーガー。編集は「シンドバッド/7つの海の伝説」のトム・フィナン。出演は「アイ,ロボット」のブルース・グリーンウッド、「マリー・アントワネットの首飾り」のヘイデン・パネッティーア、「ワイルド・ワイルド・ウエスト」のM・エメット・ウォルシュ、「アメリカン・プレジデント」のウェンディー・マリックほか。声の出演は「エージェント・コーディ」のフランキー・ムニッズ、「ネバーランド」のダスティン・ホフマン、「ネメシス/S.T.X」のウーピー・ゴールドバーグ、「ウォーク・トゥ・リメンバー」のマンディ・ムーア、「デアデビル」のマイケル・クラーク・ダンカンほか。

エージェント・コーディ

TVシリーズ『マルコム in the Middle』で全米の人気者となった若手俳優フランキー・ムニッズが、弱冠15歳のCIAエージェントに扮するスパイ・アクション・コメディ。共演は人気アイドルのヒラリー・ダフ。
イ・スンチョル(1966)

後悔なんてしない

韓国を舞台に、アルバイトで生活費を稼ぐ孤児院育ちの青年と実業家の御曹司という、境遇の全く異なる二人の男性の同性愛を描く。自身が同性愛者である事をカミングアウトしたイ=ソン・ヒイル監督の長編第一作で、ベルリン国際映画祭パノラマ部門に出品された。出演はTVドラマ『恋人』のイ・ハン、「GP506」のイ・ヨンフン。

NEW今日命日の映画人 12/5

該当する人物がいません


「嵐の娘(1918)」を観ているあなたにおすすめの映画