嵐の中で輝いて

あらしのなかでかがやいて
上映日
1992年4月11日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

自らスパイを志願した女性が、ナチの台頭するドイツで愛する者のために生き抜く大河ロマン。監督・脚本は『パンチライン』(V)のデイヴィッド・セルツァー、エグゼクティヴ・プロデューサーはセルツァーとサンディ・ガリン、製作はハワード・ローゼンマン、キャロル・バウム、原作はスーザン・アイザックス、撮影は「氷の微笑」のヤン・デ・ボン、音楽は「レネゲイズ」のマイケル・ケイメンが担当。

「嵐の中で輝いて」のストーリー

ドキュメント番組『戦時下の女性たち』収録のためBBCテレビのスタジオにやってきたリンダ・ボス(メラニー・グリフィス)は司会者の質問に答えながら当時を振り返っていた。時は1940年、ナチス・ドイツの嵐はすでにヨーロッパ中を駆け巡っていたが、孤立主義のアメリカにとってそれは対岸の火事であり、リンダも映画での知識やベルリンに住むユダヤ人の叔母の窮状を知ったことで、親戚をベルリンから救出することを漠然と考えていたにすぎなかった。ある日リンダはウォール街にある弁護士事務所の秘書面接試験を受けに行き、ドイツ語を話せることから運良く採用された。その弁護士エドワード・リーランド(マイケル・ダグラス)は面接前に建物の外で参戦反対の街頭演説を黙らせ、リンダが好感を抱いた男だった。リーランドの口述をタイプしていたリンダは、その文面から暗号ではないかとの疑問を抱いたが、リーランドは一笑に付した。次第に愛を深める2人、しかし41年12月、日本軍の真珠湾攻撃によりその仲は終わった。リーランドは実は戦略事務局OSSの大佐であり、彼はヨーロッパの秘密の任地へと旅立つのだった。半年後、何の連絡もなく傷心のリンダの前に現れたリーランドは、ドイツで製造中のロケット爆弾の設計図の一部を持ち帰っていた。さらに情報を得るためナチス高官に近寄る必要があったが、適任者が見つからないため、ベルリン訛りを持つリンダがスパイに名乗り出た。反対するリーランドを押し切り、暗号名サンフラワーの秘密情報部員コンラッド・フリードリッヒ(ジョン・ギールグッド)の協力により2週間の期限付でリンダはスイスからベルリンへ潜入、スパイ協力者マルグリット(ジョーリー・リチャードソン)らの手助けもあり任務を遂行するが失敗の連続であった。しかし偶然にも、妻を亡くした将校フランツ・ディートリッヒ(リーアム・ニーソン)に2人の子供の子守りを頼まれ、ポツダムのフランツの屋敷で暮らすことになる。期限を過ぎ行方不明になったリンダを心配するリーランドはニュース映画の中に彼女を発見、単身敵地に乗り込み脱出を促すが、親戚を助け、機密書類を探すためにリンダはとどまった。しかし親戚の姿はすでになく、機密書類を発見するもののゲシュタポの追跡、マルグリットの裏切りに遭う。九死に一生を得た彼女はリーランドを発見、サンフラワーの手助けでスイスへ向け脱出を試みるが、国境で身分が発覚し、リンダを抱えたリーランドは銃弾を浴びてしまう。しかし、倒れ込んだのはスイス領内であった。そして収録スタジオには息子とともに見守るリーランドの老いた姿があった。

「嵐の中で輝いて」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「嵐の中で輝いて」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1992
公開年月日 1992年4月11日
製作会社 20世紀フォックス作品
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「嵐の中で輝いて」のみんなのレビュー

「嵐の中で輝いて」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません