愛する権利(1920)

あいするけんり
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

仏国の小説家クロード・ファレール原作の小説『愛する権利』はピエール・フロンデー氏によって「人を殺した男」The Man Who Kikkedという名で舞台劇に書き改められパリの劇界を賑わした。これを「踊り狂いて」「浮世離れて」そのほかおおくのフィッツモーリス映画を脚色したウィーダ・ベルジェールが脚色し、夫君ジョージ・フィッツモーリス氏が監督した社会劇。主役は「踊り狂いて」に主演せるメイ・マレイとデイヴィッド・パウエルである。

「愛する権利(1920)」のストーリー

物語は土耳古の首都コンスタンチノープルに起こる。英国貴族アーチボールドは美しき米国生まれの妻ファルクランド夫人との仲に、アーチーという子供まである仲をエデスという女の愛に溺れて、夫人を虐待していった。夫人が米国にいた時愛し合っていたリチャード・ロアリング大尉は大使館つきとしてこの地へ来り、舞踏会の夜夫人に会った。悲しい日を送る夫人の胸に、楽しかりし処女時代の想い出が油然と湧いて来た。アーチボールドはアーチーを英国へ送り帰そうとしたが、我子のほかに愛するものもない夫人は、命にも代え難くこれを拒む。アーチボールドは彼の友人なる某公爵を利用し夫人を脅迫してアーチーを奪おうとする。ここへロアリングが来てアーチボールドと争い、遂に彼を殺す。公判廷でエディスは殺人罪を夫人に被せようとしたが、ロアリングが現れて真相を説明する。かつて彼に命を救われた法官はロアリングを放免し、彼はファルクランド夫人およびその愛児を連れて自由の国米国へ帰る。

「愛する権利(1920)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛する権利(1920)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1920
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント社輸入
レイティング

「愛する権利(1920)」のみんなのレビュー

「愛する権利(1920)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません