セパレート・ベッド

せぱれーとべっど
上映日
1964年12月5日

製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ ラブロマンス

ここが見どころ

ジョージ・J・W・グッドマンの原作を彼自身と「プレイボーイ」のアイラ・ワラックが共同で脚色、「白馬奪回作戦」のアーサー・ヒラーが演出したロマンチック・コメディ。撮影は「肉体のすきま風」のチャールズ・ラング、音楽は「ちょっとご主人貸して」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「女房は生きていた」のジェームズ・ガーナー、「逃げる男」のリー・レミック、「翼のリズム」のフィル・ハリス、「枢機卿」のチル・ウィルス、ルイス・ナイ、ジョン・アスティンほか。

「セパレート・ベッド」のストーリー

ヘンリー(ジェームズ・ガーナー)は粘り強い事業屋。油田の空井戸を3本も掘ってしまい、120万ドルの追加資金獲得のため、ニューヨークに飛んだ。ウォール街の株屋ベア(ジム・バッカス)の店に行ったときセールスウーマンのモリー(リー・レミック)と知りあった。店は赤字つづきで、ベアは彼女に得体の知れない会社の株のセールスを命じた。彼女は100年近くも株主総会さえ開いていない会社と知って失望したが、自分の能力を発揮するチャンスと、ヘンリーに売り込みはじめた。2人が高級料理店で食事中、テキサスからヘンリーを訪ねて3人の友人がやって来た。ヘンリーの手腕の支持者だ。ヘンリーもモリーのために本腰を入れはじめた。ところがその会社がマサチュセッツに石油井戸を掘っており、その株はみるみる注目株になっていた。3人組はヘンリーのお陰で儲けさせてもらったので、そのお礼にモリーと結ばせようと考え、ベアにかけあって彼女を馘にさせた。ところが次期セールスウーマン会長を夢見るモリーは大憤慨。さて、例の株急騰を投機的市場操作臭いとにらんだ連邦証券委員会は黒幕捜しにのりだした。ヘンリーは告発され、モリー、ベア、3人組や関係者一同は法廷に呼び出された。判事の取り調べが進むにつれ、意外な事実がわかった。総株数の半分近くをその会社が持ち、更に3人組が半分近く、ヘンリーが残りの僅かを持っていたので、大衆は転売で儲けこそすれ、少しも損をしていないわけだ。事件は委員会側の完敗、ヘンリーは4%の持ち株を120万ドルで売り、初期の目的を達成した。そのうえ、モリーという利子まで手に入れた。

「セパレート・ベッド」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「セパレート・ベッド」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1963
公開年月日 1964年12月5日
製作会社 フィルムウェイ・プロ映画
配給 MGM
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「セパレート・ベッド」のみんなのレビュー

「セパレート・ベッド」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。