西部の旅がらす

せいぶのたびがらす
上映日
1958年4月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

早撃ち名人にまつわるサスペンスをとりあげた「海の荒くれ」のロバート・パリッシュ監督になる西部劇。西部物作家トーマス・トンプソンのオリジナル・ストーリーを、TVドラマ作家ロッド・サーリングが脚色した。撮影はジョージ・フォルシー。音楽はJ・アレクサンダー。「最後の銃撃」のロバート・テイラー、「女はそれを我慢出来ない」のジュリー・ロンドンが主演。「ララミーから来た男」のドナルド・クリスプ、「悪人への貢物」のロイヤル・ダノ、ジョン・カサヴェテス等が助演。J・ロンドンのうたう主題歌は、「知りすぎていた男」のジェイ・エヴァンスが作詞・作曲したものである。製作はアーマンド・ドゥイッチ。

「西部の旅がらす」のストーリー

当時西部はまだ無法律状態だったが、カイオワ渓谷開放牧地だけは“決闘なき平和な処”として知られていた。スティーブ(ロバート・テイラー)は渓谷の農場にいた。彼はこの平和な谷で立派に牧場を経営していたが、かつては風に鞍おいて、西部の無法地帯を渡り歩いた拳銃渡世の旅烏であった。ところが、彼にとって困った事態が起きた。それは牛を売りに街へ出た弟のトニイ(ジョン・カサヴェテス)が新しい拳銃と女ジョーン(ジュリー・ロンドン)を連れて帰って来たことだった。この谷の長老格デニーン老(ドナルド・クリスプ)は、この谷を開拓した功労者で、スティーブも彼の世話で牧場主になれたのだった。ところで、有頂天だったトニイが事件をひき起こした。兄をスティーブに殺され復讐にやって来たベナブルとトニイが酒場で出会い、トニイがベナブルを倒したのだ。昂奮しているトニイは牧場へ帰る途中、開拓者の一行を見つけ、馬車に火をつけ家畜を蹴散らかす無法をはたらいた。更に翌朝、トニイは開拓者のリーダーを酒場の前で殺した。ここに至って、温和なデニーンの怒りが爆発、スティーブ、トニイ兄弟をカイオワ谷から追放すると宣言した。その言葉を待つまでもなく、スティーブはここを去るつもりでいた。デニーンの指揮で新しい開拓者の土地に鉄条網が張られていく。トニイはそこでデニーンにいやがらせをして、どちらも重傷を負った。その事を聞いたスティーブはデニーンに、奴はもう自分の弟ではないと言った。彼は山でトニイを見つけ出した。「近よるな」トニイが叫んだ。スティーブが拳銃を抜いた時、一瞬早く拳銃の轟が山にこだました。トニイが自ら胸を射ち抜いたのだ。二度とカイオワ渓谷に返らぬことを誓って、スティーブは馬を走らせた。いつの間にか、その後をジョーンが追っていた。

「西部の旅がらす」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「西部の旅がらす」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1958
公開年月日 1958年4月22日
製作会社 MGM映画
配給 MGM
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「西部の旅がらす」のみんなのレビュー

「西部の旅がらす」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません