嵐の国のテス(1932)

あらしのくにのてす
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「第一年」に次ぐ、そして最後のジャネット・ゲイナー、チャールズ・ファーレル共演映画で、すべてメリィ・ピックフォード主演映画として製作されたことのあるグレイス・ミラー・ホワイト作の小説と、ルパート・ヒューズ脚色の劇に基づき「農園のレベッカ」「脱走兵」と同じくS・N・ベールマンとソニア・レヴィーンが共同脚色し、「農園のレベッカ」「陽炎の春」のアルフレッド・サンテルが監督し、「第一年」のハル・モーアが撮影した。助演俳優は「第一年」「夫を殺すまで」のダッドリー・ディグス、「裏町」「監視装甲車」のジェーン・クライド、「第一年」「裏街」のジョージ・ミーカー、「陽炎の春」「征服群」のクロード・ギリングォーター、エドワード・ポーレー、マティー・ケンプ、ルイズ・カーター、デイヴィッド・ジェニングス等である。

「嵐の国のテス(1932)」のストーリー

老船長ホウランドは海上生活をやめて一人娘のテスとともに、金満家フレデリック・ガーフィールドの所有地とも知らず、借地権を買って家を建てた。ガーフィールドは大いに怒って早速立退きを命じたので、以来ホウランドとガーフィールドとは犬猿の仲となった。土地の漁夫仲間でも勢力家のベン・レッツは親切ごかしにホウランドに応援すると見せかけて、船を操ることの巧みなホウランドを密漁の仲間に引っ張り込んでしまった。ある日密漁中、テスはガーフィールドの息子フレデリックが溺死しようとするのを救った。それが縁となり二人は敵同志で恋に落ちてしまった。ある晩レッツとホウランドが密漁中、監視役人ダン・テイラーに発見され捕縛を恐れて彼を殺した。これがためホウランドは役人殺しの罪に問われた。フレデリックは父の反対を押し切ってホウランドのために弁護士を雇って抗争してやった。裁判係争中、ガーフィールド夫妻は息子フレデリックと娘テオラを残してヨーロッパ漫遊の旅に上がった。ある日テスが出漁しているとき、海に投身しようとするテオラを救った。テオラの涙ながらの話によると、彼女はダン・テイラーと愛し合い、いつかダンの子を宿していたのに、ダンが殺された今となっては、父なし子を生むわけにはいかないのだということだった。テスは彼女の秘密を厳守することを誓った。やがてテオラは玉のような男の子を分娩した。そして両親が旅行から帰る前には健全な体となってガーフィールド邸に戻っていた。赤ん坊を抱いたテスは全村の人々から疑いと嘲りの眼で見られるのが堪えられない辛さだった、殊にフレデリックとの仲が危機に瀕したので悲しかった。しかし彼女はテオラとの約束を守った。その後赤ん坊が病気になったのでテスは洗礼を受けさせようと教会へ行った。その日は日曜日でガーフィールド一族も出席していて、親なし子の洗礼に反対した。それはテオラには惨ましい責め苦だった。彼女はそれは私の赤ん坊だと叫んだ。一方フレデリックの尽力で役人殺しの下手人はレッツであることが立証されホウランドは釈放された。同時にガーフィールドが非を悟って息子とテスの仲を許した。

「嵐の国のテス(1932)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「嵐の国のテス(1932)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1932
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス支社
レイティング

「嵐の国のテス(1932)」のみんなのレビュー

「嵐の国のテス(1932)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/11

加山雄三(1937)

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。

茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN

茅ヶ崎出身のミュージシャン、桑田佳祐を核に“芸能の地、茅ヶ崎”の秘密を探る音楽探訪記。サザンオールスターズの名付け親である宮治淳一が、人類学者の中沢新一、本作の監督を務めた「人狼ゲーム」の熊坂出と共に茅ヶ崎と芸能との関係性を多角的に分析する。高校生時代の宮治の記憶をもとに撮影されたドラマパートでは、宮治の学生時代を「3月のライオン」の神木隆之介が、桑田の学生時代を「サクラダリセット」の野村周平が演じる。そのほか「森山中教習所」の賀来賢人、「銀魂」の安田顕、そして桑田佳祐自身も出演。2017年6月25日、第6回茅ヶ崎映画祭にてワールドプレミア上映。2017年7月21~23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで特別劇場公開。
武田鉄矢(1949)

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

いのちスケッチ

福岡県の動物園を舞台にしたヒューマンドラマ。東京で漫画家になる夢を諦めて故郷の福岡県に帰ってきた亮太は、動物福祉に取り組む地元の動物園のアルバイトを紹介され、獣医師の彩と出会う。彩は園の取り組みを広めるため、亮太に漫画を描いてほしいと頼む。出演は、「今日も嫌がらせ弁当」の佐藤寛太、「猫忍」の藤本泉、「岬の兄妹」の芹沢興人、「よこがお」の須藤蓮、「ガチ星」の林田麻里。監督は、「恋のしずく」の瀬木直貴。