青春問答

せいしゅんもんどう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「天国漫歩」「四つの恋愛」のコンスタンス・ベネットが主演する映画で、相手役はヘレン・ヘイスのヒット劇「ヴィクトリア・レジナ」で相手役を勤めたヴィンセント・プライスである。「パリの評判女」のブルース・マニングがヴェラ・カスバリーと共同で書卸したストーリーを「世界の歌姫」のガートルード・パーセルと「忘れがたみ」のレナード・スピゲルガスとが協力脚色し、「富豪一代」「血に笑う男」のローランド・V・リーが監督・制作したもの。助演者は「赤ちゃん教育」「花婿は漫遊病」のチャールズ・ラグルズ、「パリの評判女」のヘレン・ゾロデリック及びミッシャ・オーア、舞台出の新人ジョーイ・ホッジス、「わが家の楽園」のハリウェル・ホップス等で、撮影は「スイングの女王」「殺したのは俺だ」のジョーシ・ロビンスンの担任である。

「青春問答」のストーリー

マジスン・サーヴィスと云えばニューヨークの名物の1つである。家政の整理から子供の教育方針に至まで電話1つでサーヴィスする。主人はヘレンという美しい女で、近頃はロビンスン氏の家事監督に没頭していた。ロビンスンは技師だが今は道楽の料理に凝り、ロシア人のペペンコというコックを指導役に雇っている。ある日お得意先のウェードから、田舎の甥が上京するので何とかして追払ってくれという依頼があった。ヘレンは早速上京する汽船を待ち受け、目ざすロバート・ウェードと同じ頭文字をつけた田舎者を、うまく追帰してしまった。ところがそれは人違いで、彼女が船中で親しくなって恋心を感じた青年こそウェードの甥だったので、翌日ヘレンは依頼者から叱言を食い、彼女の事務所へ現れた甥を見てそれがあの青年だったのでびっくりした。素性が判ったら彼に疑われると思って共同者パールに逢って貰い、彼が新しいトラクターを発明してその資金を求めに来たのを知っているので、秘かにロビンスンにそれを見てもらうことにした。その設計を見るとロビンスンは地下室の作業場を彼に提供し、後援してくれることになった。そしてロバートの世話をヘレンに頼んだので、彼女は細かなところまで気をつけてサーヴィスしたが、その正体を知らぬロバートはただうるさいと思うのみだった。ロビンスンの娘で少し人並みでないオードリーは彼を恋し、否応なしに婚約を発表してしまった。堪りかねたヘレンはロバートを尋ねて万事を打明けたが、果たしてロバートは腹を立てて彼女と絶交した。トラクターの模型発表とオードリーの婚約があわせて披露される会でロバートはペペンコがロシアの貴族であることを知り、貴族の盛装で出席するように計った。果たしてオードリーはペペンコの勲章と身分に目が眩み、いよいよ結婚式の当日にはなかなか姿を見せない。ヘレンはマジスン・サーヴィスから出張して結婚式の準備を進めていたが、そこへオードリーはペペンコと結婚をすませ公爵婦人となって現れたので、喜んだロバートは早速ヘレンの手を取って式場へ向った。

「青春問答」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「青春問答」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1938
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 ユニヴァーサル映画
レイティング

「青春問答」のみんなのレビュー

「青春問答」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/5

フランキー・ムニッズ(1985)

レーシング・ストライプス

競争馬に仕立てられたシマウマの活躍を描く動物エンタテインメント。監督・原作は「キャメロット」のフレデリック・デュショー。撮影は「スクービー・ドゥー」のデイヴィッド・エグビー。音楽は「ツイステッド」のマーク・アイシャム。美術は「すべては愛のために」のウォルフ・クルーガー。編集は「シンドバッド/7つの海の伝説」のトム・フィナン。出演は「アイ,ロボット」のブルース・グリーンウッド、「マリー・アントワネットの首飾り」のヘイデン・パネッティーア、「ワイルド・ワイルド・ウエスト」のM・エメット・ウォルシュ、「アメリカン・プレジデント」のウェンディー・マリックほか。声の出演は「エージェント・コーディ」のフランキー・ムニッズ、「ネバーランド」のダスティン・ホフマン、「ネメシス/S.T.X」のウーピー・ゴールドバーグ、「ウォーク・トゥ・リメンバー」のマンディ・ムーア、「デアデビル」のマイケル・クラーク・ダンカンほか。

エージェント・コーディ

TVシリーズ『マルコム in the Middle』で全米の人気者となった若手俳優フランキー・ムニッズが、弱冠15歳のCIAエージェントに扮するスパイ・アクション・コメディ。共演は人気アイドルのヒラリー・ダフ。
イ・スンチョル(1966)

後悔なんてしない

韓国を舞台に、アルバイトで生活費を稼ぐ孤児院育ちの青年と実業家の御曹司という、境遇の全く異なる二人の男性の同性愛を描く。自身が同性愛者である事をカミングアウトしたイ=ソン・ヒイル監督の長編第一作で、ベルリン国際映画祭パノラマ部門に出品された。出演はTVドラマ『恋人』のイ・ハン、「GP506」のイ・ヨンフン。

NEW今日命日の映画人 12/5

該当する人物がいません