青春の幻想

せいしゅんのげんそう
製作国
アメリカ

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

「恋愛行進曲」と同じくチャールズ・バディー・ロジャース氏とナンシー・キャロル嬢が共演する全発声映画で、アーサー・トレイン氏作の小説を「底抜け騒ぎ」「父と子」のE・ロイド・シェルドン氏が脚色し、「四枚の羽根」「都会の幻想」のロタール・メンデス氏が監督、「カナリヤ殺人事件」「船隊入港」のハリー・フィッシュベック氏が撮影した。助演者は「ロマンスの河」「愛の医者」のジューン・コリアー嬢を始め、「アリバイ」のレジス・トゥーミー氏、「曲線悩まし」のケイ・フランシス嬢、エメリー・メルヴェル嬢、モード・ターナー・ゴードン嬢、エディ・ケーン氏等である。

「青春の幻想」のストーリー

カーリー・ソープとクレア・ジャーニガンとは幼い時から田舎回りのサーカスに育った生まれながらの寄席芸人で、ブロードウェイ近くのフェイ小母さんの芸人宿に住んでいた。二人は巧みな奇術師で腕も確かだった。クレアはカーリーに首ったけ惚れていたが、男は彼女を甘く見て子供扱いしていた。そして寄席芸人なんかよりも社交界の立場になりたいと望んでいたカーリーはシュミットラップという成金がダルマティアの女王様を招待した時に機会を得た。宴会の仕度係を職業としているゼルダという女と知り合いだったのでカーリーは女王様の接待役としてこの夜会に出席師、その社交的手腕を認められるとともに成金の娘ヒルダに興味を感じた。一方クレアもこの夜会の余興の踊り子として雇われ、ヒルダの兄エリックの好色の眼にとまった。エリックは翌晩クレアとカーリーの奇術を見物に行きクレアを口説きにかかった。カーリーはヒルダの所に通った。そしてクレアとの奇術もやめてしまった。しかもカーリーはクレアがエリックと親しくするのを喜ばず、一夜あるカフェでエリックとと喧嘩をしようとさえした。クレアはエリックからカーリーがヒルダと結婚すると聞いて落胆し、メイガスという奇術師の相手役を勤めることとなった。シュミットラップの別荘で大宴会が催され、サーカスが買切りになった時カーリーはヒルダに寄席芸人なんかと結婚は出来ないと断られた。憤慨した彼は社交界を罵倒してため溜飲を下げた。そしてクレアが出ている劇場へ彼女と仲直りに行ったが絶望していたクレアは死を決して実弾を白墨の弾丸とすり替える手品をせずに射撃の的に立った。しかし弾丸は肩をかすめただけで命に別状はなく、カーリーはクレアとかたく将来を誓ったのであった。

「青春の幻想」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「青春の幻想」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント
レイティング

「青春の幻想」のみんなのレビュー

「青春の幻想」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません