スリルのすべて

すりるのすべて
上映日
1963年10月26日

製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ ラブロマンス

ここが見どころ

マスコミの怪物TVを明るく風刺したロマンチック・コメディ。「タミーとドクター」のロス・ハンターとマーティン・メルチャーの製作、「40ポンドのトラブル」のテレビ出身ノーマン・ジュイソンが演出した。カール・ライナーが脚本、ラッセル・メティが撮影を、ジョセフ・ガーシェンソンが音楽を、夫々担当している。出演者は「先生のお気に入り」「ミンクの手ざわり」のドリス・デイ、「噂の二人」「大脱走」のジェームズ・ガーナー、ほかにザス・ピッツ、ルーシー・ランドウ、エリオット・リード、エドワード・アンドリュース、ブライアン・ナッシュなど、TV界の人気タレントの大挙出演。

「スリルのすべて」のストーリー

紐育の石鹸王フローリー夫妻は子宝を授かったことを産婦人科医のボイヤー博士(ジェームズ・ガーナー)のお陰と、その夫人ベバリー(ドリス・デイ)も招いてお祝いをしたが、ワンマン家長の老人に気に入られ、ベバリーにテレビ・コマーシャルに出ることを口説かれた。最初は断ったが、1分で300余ドルの報酬と聞き、それを受けた。彼女のテレビ初出演はひどいものだったが、それも素人の良さという解釈をされ、長期契約を年額8万ドルともちかけられ、金に弱い彼女はそれも受けることにした。ところがコマーシャルの女王ともなれば色々な会合に出され、次第に家を空けることが多くなり、博士さえも、妻の居所を知らないという始末になり、家庭の空気は険悪になった。1度は家を飛び出した博士もある計画を立てて、かれも超多忙となり、家庭にいつかなくなった。博士の奇策は意外な効果をあらわし、ベバリーの感情は狂わんばかりに動揺する。ついに彼女はテレビで宣伝する石鹸の名前を忘れてしまうほどになった。やがて、フローリー夫人の出産の日がやって来た。ベバリーが躍起になって探しても、見つからない。やむなく彼女はフローリー氏とともに夫人に付き添って病院へ向かった。その直後に駆けつけた博士は後を追った。約束は約束である。紐育の雑踏の中の緊急連絡や、王宮の手当にベバリーの存在は大きかった。そして、女の子を無事出産。このおめでたで博士夫妻もまた元のさやに収まった。

「スリルのすべて」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スリルのすべて」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1963
公開年月日 1963年10月26日
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 ユニヴァーサル
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「スリルのすべて」のみんなのレビュー

「スリルのすべて」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/27

小山明子(1935)

インターミッション

取り壊しが決まった名画座・銀座シネパトスを舞台に、映画の休憩時間に交わされる会話劇によるブラックコメディ。本作のために、映画を愛する豪華キャスト、スタッフが集結した。出演は、「透光の樹」の秋吉久美子、「ヒミズ」の染谷将太、「まあだだよ」の香川京子ほか。監督は、本作が劇場用映画初監督となる樋口尚文。スクリーンサイズはシーンによりシネスコ、ビスタ、スタンダードと変化。

テレビに挑戦した男・牛山純一

テレビ草創期から活躍した名プロデューサー、牛山純一の生涯を関係者インタビューで振り返り、テレビが抱える問題を問いかけるドキュメンタリー。「エドワード・サイード OUT OF PLACE」の監督、佐藤真が10年越しの企画を実現した。証言者として、大島渚夫人で女優の小山明子(「日本の夜と霧」)などが登場。
上白石萌音(1998)

トロールズ ミュージック★パワー

「ボス・ベイビー」のドリームワークスが贈る、音楽好きな妖精の世界を舞台にした3Dアニメ。トロールズが暮らすポップ村の女王ポピーのもとに、ロック村の女王バーブから手紙が届く。この世界に別の仲間がいることを知ったポピーたちは胸を躍らせるが……。声の出演は、「ピッチパーフェクト」シリーズのアナ・ケンドリック、「女と男の観覧車」のジャスティン・ティンバーレイク。

楽園(2019)

吉田修一の『犯罪小説集』を「64 ロクヨン」の瀬々敬久が映画化。ある地方都市で起きた幼女失踪事件をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と紡は、それぞれの不遇に共感し合う。だが事件から12年後、再び同じY字路で少女が姿を消し、事態は急変する。出演は、「怒り」の綾野剛、「十二人の死にたい子どもたち」の杉咲花、「64 ロクヨン」の佐藤浩市、「居眠り磐音」の柄本明、「チワワちゃん」の村上虹郎。