スポーツの女神

すぽーつのめがみ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ジェラルド・ボーモン氏作の小説をチャールズ・E・ウィティカー氏が映画的に改作しトム・ジェラティー氏が執筆した台本によって「受難のテス」「海の洗礼」等主演のブランシュ・スウィート嬢で、「ロモラ」「ステラ・ダラス(1925)」等出演のロナルド・コールマン氏と「奇跡の薔薇」「極光に踊る女」等出演のリュ・コディー氏が共演し、ジョージ・フォーセット氏ハンク・マン氏、ジョセフィン・クロウェル嬢、アーサー・ホイト氏等が助演している。

「スポーツの女神」のストーリー

スコットランドの貴族グレイル家の令嬢ゲンドリンは馬から落ちて気絶していた。医師志願の貧乏青年ドナルド・マッカレンは人知れず令嬢を恋していたが身分の相違を考えて想いを打ち明けなかった。ドナルドは親切に令嬢を介抱して乗馬しない様に勧めたが令嬢は承知しなかった。彼女の父は男の子でなしに女の子を持ったことを嫌いパリに滞留して故郷に帰ろうとしなかった。が娘の恨言を述べた手紙を見て帰る気になりポルトガルの侯爵カルロスを伴って来た。侯爵はゲンドリンと結婚して借金のかたをつける算段だった。欧州大戦が始まった時ドナルドはゲンドリンの許に来て分かれを惜しんだ。令嬢は初めて自分の恋を打ち明けて彼の凱旋を待つと言った。平和克服の後ドナルドはカルロス侯爵がゲンドリンと婚約したとのことをパリで聞き怒った。そうして彼女に会っても冷淡に構えた。ボート競走の折侯爵は自分の弟がオックスフォード方の選手であるのを幸いに故意に負けさせる契約をして賭に勝ちゲンドリンと正式に婚約した。彼女はドナルドが全く自分に構わぬのだと思い自暴自棄になった。ドナルドは侯爵の悪計を知って彼女に告げたので彼女は侯爵と破約し彼をパリに追い払った。彼女は狂気の如く暴風雨中に走り出て沼に落ちたのをドナルドに救われた。そうして二人は結婚した。侯爵は金持ちの寡婦と結婚したとやら。

「スポーツの女神」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スポーツの女神」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1925
製作会社 メトロ・ゴールドウィン映画
レイティング

「スポーツの女神」のみんなのレビュー

「スポーツの女神」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません