スピードウェイ(1968)

すぴーどうぇい
上映日
1968年8月31日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

エルヴィス・プレスリーが主演する26本目の作品。フィリップ・ショーケンの脚本を「少年の町」「カリフォルニア万才」のノーマン・タウログが監督にあたった、同監督8本目のプレスリー映画である。撮影は「オスカー(1966)」のジョセフ・ルッテンバーグ、音楽は「ブルー・マイアミ」のジェフ・アレクサンダーが担当した。出演はプレスリーのほかに「結婚専科」のナンシー・シナトラ、「ブルー・マイアミ」のビル・ビクスビー、TV「ルーシー・ショー」のゲイル・ゴードン、「ウィル・ペニー」のウィリアム・シャラートなど。ミュージックナンバーは「その気でいこう」ほか6曲。製作ダグラス・ローレンス。

「スピードウェイ(1968)」のストーリー

スティーブ(エルヴィス・プレスリー)は一流のレーサーである。多額の収入があるのだが、生まれつき情が深く、困っている人を見ると、すぐに援助の手を差しのべる人のよさ。そのうえ、マネージャーは大変なプレイボーイ。豊かな収入も右から左、いつも支払いに追われていた。今度も貧しいエスターレイク家の人々に同情してステーション・ワゴンを買ってやったり、結婚費用のない娘ローリに、お金をあげたり……。ところがある日、税務署から14万5千ドルもの脱税通知がきた。マネージャーの手ぬかりであった。経理事務所に相談すると、税金完納まで収入を管理するという名目で女計理士スーザン(ナンシー・シナトラ)が派遣されてきた。彼女はスティーブの全収入をがっちりと握り、レース場からレース場への旅に同行した。ところが、その結果として、スティーブの手形はすべて不渡りとなり、エスターレイク家のステーション・ワゴンは取りあげられ、ハネムーンに出た娘はホテルを断られる始末。見るにみかねたスティーブはスーザンに申し出たが、彼女は取りあわない。2人は大げんか。だが最初から、憎からず思っている2人ゆえ、愛する気持ちが先にたってしまう。スティーブは仕方なく、次の日曜日に行われるシャーロット600の大レースに全力投球することを決意。優勝すれば多額の賞金が手に入る。だが残念なことにゴール寸前の事故で優勝をのがしてしまった。しかしラップ・マネーがたくさん入った。この頃には、スーザンの、お金に対する気持ちもやわらぎ、エスターレイク家のステーションワゴンを買い戻すことができた。だが彼女はマネージャーとして依然として、きびしい表情をみせるのだった。

「スピードウェイ(1968)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スピードウェイ(1968)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1968
公開年月日 1968年8月31日
製作会社 ダグラス・ローレンス・プロ
配給 MGM
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「スピードウェイ(1968)」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。

「スピードウェイ(1968)」を観ているあなたにおすすめの映画