捨身の一撃

すてみのいちげき
上映日
1957年2月2日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「10人のならず者」に続くスコット=ブラウン・プロの作品。ブラド・ワードのストーリーから「10人のならず者」のケネス・ガメットが脚色し、「地獄への脱却」のジョセフ・H・ルイスが監督した。撮影は「ミズーリ大平原」のレイ・レナハン。音楽は「10人のならず者」のポール・ソーテルの担当。主演は「10人のならず者」のランドルフ・スコット「ダニー・ケイの黒いキツネ」のアンジェラ・ランズベリー、他にワーナー・アンダーソン、ウォーレス・フォードなど。

みんなのレビュー

「捨身の一撃」のストーリー

コロラドのメディシン・ベンドの町。ここの保安官カレム・ワー(ランドルフ・スコット)は無敵といわれる拳銃名手。町に流れこむ無法者が狼藉を働くや直ちに射殺していたが、ただ1人で秩序を保つためには止むを得ぬことであった。ある日、かねてワーを敵視している劇場経営者ソーン(ワーナー・アンダーソン)が、シカゴから一団の芸人を呼び寄せた。その中にはソーンが思いを寄せる歌手のタリイ(アンジェラ・ランズベリー)がいたが彼女は数年前、すでにワーと結婚していた。拳銃に生命をかける夫に生活の安定が保てないとタリイは別居して、以来今日に至ったのだが、思いがけずめぐり会った2人は再び共に暮らそうと考え出す。タリイが姿を現わして間もなく、ワーに恨みを抱くディンゴーがワーの射殺を企てて返り討ちにされた。ワーはディンゴーの弟ドゥーリイと激しい格闘となり、タリイは以前と変らぬ夫の姿に嫌悪を感じ出した。ワーとタリイの関係を知ったソーンは怒り、酒場経営者コディと共謀、拳銃名手のハーリイ・バスカムを雇い入れた。バスカムは酒場にワーをおびき寄せ、見事撃ち倒した。医師ウィンがワーの体を運び去った後、ソーン一味は凱歌をあげ、町は無法の巷と化してしまった。だがワーは頭にかすり傷を受けただけだった。とも知らぬ町の人々は、無法者から町を守ろうと自衛団編成に乗出す。傷のいえたワーは酒場に乗り込み、バスカム、ソーンらを射殺、町には平和が甦った。ワーは2度と拳銃を保たぬ決心を固め、タリイを伴い、自分の牧場へと馬車を走らせた。

「捨身の一撃」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「捨身の一撃」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1956
公開年月日 1957年2月2日
製作会社 スコット=ブラウン・プロ映画
配給 東宝=コロムビア
レイティング
カラー/サイズ カラー

「捨身の一撃」のみんなのレビュー

「捨身の一撃」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。