スタントマン(1969)

すたんとまん Stuntman(1969)
製作国
アメリカ

ジャンル
アクション

ここが見どころ

命しらずのスタントマンを主人公にしたアクション。製作はツーリ・ヴァシール、監督はマルチェロ・バルディ。脚本はマルチェロ・バルディとサンドロ・コンティネンザ、台詞をデニス・ホールが担当。撮影はカルロ・カリン、スタント・シーンをレミー・ジュリアンと彼のスタント・チームが担当している。出演は「さらば恋の日」のジーナ・ロロブリジーダ、「黄金の眼」のマリサ・メル、「戦うンパンチョビラ」のロバート・ヴィハーロ。他にポール・ミュラー、ジャン・クロード・ベルク、ジュゼッペ・ラウリセーラ、クラウディオ・ペローネ、ベニート・ボッギーノなど。テクニカラー、スタンダード。1969年作品。

「スタントマン(1969)」のストーリー

何回もの撮影のくり返しに、スタントマンのジョニー(ロナート・ヴィハーロ)は、ヘトヘトに疲れていた。そして、親友のピエール(ベニート・ボッギーノ)に仕事より女の方がよい、と言う始末だった。今彼は、富豪を次から次へと渡り歩いている女、イブリン(ジーナ・ロロブリジーダ)を追い回していた。そんな彼がある日、ふとしたことから、美しくて若いグローリア(マリサ・メル)と名のる女と知り合い、命を賭けた仕事の割に、報酬の少ないことに頭に来ていた彼は、ある仕事の片棒をかつぐことになった。彼女の情夫ラム(ポール・ミュラー)は、オメロ(ジャン=クロード・ベルク)とその仲間のバルディ(ジュゼッペ・ラウリセーラ)とショーティ(クラウディオ・ペローネ)を使って貴金属を盗ませたが、それを、ジョニーはもちまえの特技をもって、もののみごとに横取りしてしまった。さらに、しつこく追いかけてくる彼らを自動車から縄バシゴで小型飛行機へと乗りうつり、うまくまいてしまった。そしてホテルで待つオメロたちをも、スタント訓練で鍛えた技で、うまくかわしてしまうのだった。いまや、大活躍を終えて、スカッとしたジョニーは、富豪の老人が死んでガッポリ遺産の入ったイブリンと、めでたく結婚の約束をかわすのだった。

「スタントマン(1969)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スタントマン(1969)」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1969
製作会社 パラマウント作品
配給 パラマウント
レイティング

「スタントマン(1969)」のみんなのレビュー

「スタントマン(1969)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません