スタントマン(1969)

すたんとまん Stuntman(1969)
製作国
アメリカ

ジャンル
アクション

ここが見どころ

命しらずのスタントマンを主人公にしたアクション。製作はツーリ・ヴァシール、監督はマルチェロ・バルディ。脚本はマルチェロ・バルディとサンドロ・コンティネンザ、台詞をデニス・ホールが担当。撮影はカルロ・カリン、スタント・シーンをレミー・ジュリアンと彼のスタント・チームが担当している。出演は「さらば恋の日」のジーナ・ロロブリジーダ、「黄金の眼」のマリサ・メル、「戦うンパンチョビラ」のロバート・ヴィハーロ。他にポール・ミュラー、ジャン・クロード・ベルク、ジュゼッペ・ラウリセーラ、クラウディオ・ペローネ、ベニート・ボッギーノなど。テクニカラー、スタンダード。1969年作品。

「スタントマン(1969)」のストーリー

何回もの撮影のくり返しに、スタントマンのジョニー(ロナート・ヴィハーロ)は、ヘトヘトに疲れていた。そして、親友のピエール(ベニート・ボッギーノ)に仕事より女の方がよい、と言う始末だった。今彼は、富豪を次から次へと渡り歩いている女、イブリン(ジーナ・ロロブリジーダ)を追い回していた。そんな彼がある日、ふとしたことから、美しくて若いグローリア(マリサ・メル)と名のる女と知り合い、命を賭けた仕事の割に、報酬の少ないことに頭に来ていた彼は、ある仕事の片棒をかつぐことになった。彼女の情夫ラム(ポール・ミュラー)は、オメロ(ジャン=クロード・ベルク)とその仲間のバルディ(ジュゼッペ・ラウリセーラ)とショーティ(クラウディオ・ペローネ)を使って貴金属を盗ませたが、それを、ジョニーはもちまえの特技をもって、もののみごとに横取りしてしまった。さらに、しつこく追いかけてくる彼らを自動車から縄バシゴで小型飛行機へと乗りうつり、うまくまいてしまった。そしてホテルで待つオメロたちをも、スタント訓練で鍛えた技で、うまくかわしてしまうのだった。いまや、大活躍を終えて、スカッとしたジョニーは、富豪の老人が死んでガッポリ遺産の入ったイブリンと、めでたく結婚の約束をかわすのだった。

「スタントマン(1969)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スタントマン(1969)」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1969
製作会社 パラマウント作品
配給 パラマウント
レイティング

「スタントマン(1969)」のみんなのレビュー

「スタントマン(1969)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/8

和久井映見(1970)

さんかく窓の外側は夜

ヤマシタトモコの心霊ミステリー漫画を「おじいちゃん、死んじゃったって。」の森ガキ侑大監督が実写化。幽霊が見える三角は除霊師・冷川と共に除霊をすることに。二人は一年前に起きた連続殺人事件の調査にあたるが、発見した遺体には呪いがかけられていた。除霊師の冷川理人を「伊藤くん A to E」の岡田将生が、霊が見える特異体質を持つ三角康介を「走れ!T校バスケット部」の志尊淳が、呪いを操る女子高生ヒウラエリカを「響-HIBIKI-」の平手友梨奈が演じる。

小説の神様 君としか描けない物語

相沢沙呼による青春小説『小説の神様』を「HiGH&LOW」シリーズの久保茂昭監督が映画化。真っすぐで繊細な売れない高校生小説家・一也と、同級生の人気女流作家・詩凪。そんな2人が編集者から下されたミッションは、協力して大ベストセラーを生み出すことだった。出演は「センセイ君主」の佐藤大樹、「キングダム」の橋本環奈、「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」の佐藤流司。
稲垣吾郎(1973)

ばるぼら

手塚治虫が1970年代に発表した大人向け漫画を、稲垣吾郎&二階堂ふみW主演で手塚眞監督が実写化。ある日、人気小説家・美倉洋介は酔払った少女ばるぼらに出会い、家に連れて帰る。大酒飲みで自堕落な彼女だったが、美倉は奇妙な魅力を感じ追い出せずにいた。共演は「柴公園」の渋川清彦、「いちごの唄」の石橋静河。第32回東京国際映画祭コンペティション部門正式招待作品。

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

NEW今日命日の映画人 12/8

該当する人物がいません