進め!ベンガル連隊

すすめべんがるれんたい
上映日
1957年9月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

19世紀のインドを舞台に原住民軍の反乱と戦うベンガル連隊を描いた活劇。ホール・ハンターの小説「ベンガルの虎」を原作に「イスタンブール(1956)」のシートン・I・ミラーがストーリーを書き同じく「イスタンブール(1956)」のリチャード・アラン・シモンズが脚色した。監督は「乱暴者」のラズロ・ベネデック、撮影監督は「地獄の戦線」のモーリー・ガーツマン、音楽監督は「東京特ダネ部隊」のジョセフ・ガーシェンソン。主演は「黒い牙」のロック・ハドソン、「悪の対決」のアーリン・ダール、「辺境の掠奪者」のウルスラ・シース。

「進め!ベンガル連隊」のストーリー

1856年、インド駐屯の英国ベンガル連隊所属の原住民軍は土賊シリ・ナースの根拠、まらかい要塞攻撃の命令を受けた。クレイボン(ロック・ハドソン)、ブレイン両大尉の指揮する原住民軍二中隊は直ちに攻撃を開始したが土賊の反撃も鋭く連隊長もロウ大佐の副官が戦死した。その後任にクレイボン大尉が任命され、彼は中隊の指揮をシング曹長に委ね新しい任につこうとしたが、シングの第1中隊は皆殺しの危機に瀕し、ブレイン大尉の中隊も惨状を目にしておどおどするばかり。見かねたクレイボンは連隊長の生死も聞かずブレイン大尉を殴り飛ばし第2中隊を率い教授に向った。彼の豪遊は味方を救ったばかりかマラカイ要塞占領にも成功、全軍を勝利にみちびいた。しかし大尉は上官に対する命令違反で軍事裁判にかけられることになった。連隊長もロウ大佐は長年の部下であり、また愛娘ヴィヴィアン(アーリン・ダール)の恋人でもあるクレイボンのため法廷で有利な証言をしたが、ブレイン大尉は嘘偽の証言をなした。そのため判決は1年間謹慎という軽さだったが有罪と決まった。罪人の汚名を着せられたクレイボンは慰めてくれるヴィヴィアンの愛をも振切り、狩猟家となって旅に出た。旅を続けるクレイボンは間もなく新しい暴動が起りそうだとの噂を耳にした。偶然会った土賊の首領リシー・ナースの従弟ジートはクレイボンが同じく英国に恨みを抱く者と考え、彼に暴動軍の指揮官になるよう勧めた。期するところあるクレイボンは申し出を受け入れた。が、その心中を見破ったジートは逆にクレイボンを葬ろうと計画した。果してクレイボンは深夜、賊に襲われた。負傷の彼は幸いラター(ウルスラ・シース)という原住民娘に助けられ2人は恋に陥った。が遂に暴動が起った。クレイボンは急ぎモロウ大佐の司令部へ駈けつけてみたが既に暴動軍に襲われた後。今しもモロウ大佐とブレイン大尉、そして大尉が求婚中のヴィヴィアンが脱出して逃れようとするところだった。クレイボンは彼らと再会したがジートの追手に一網打尽。一同は銃殺に処せられることになった。しかしクレイボンはわずかの隙をとらえ、忽ち乱戦となり、遂にジートを倒した。ブレインは法廷で偽りの証言をなしたとヴィヴィアンに告白、乱戦で負った深傷に息絶えた。モロウ大佐はクレイボンに復職を勧め反乱鎮圧に協力を求めた。

「進め!ベンガル連隊」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「進め!ベンガル連隊」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1954
公開年月日 1957年9月22日
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 ユニヴァーサル
レイティング
カラー/サイズ カラー

「進め!ベンガル連隊」のみんなのレビュー

「進め!ベンガル連隊」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 10/24

丹波哲郎(2006)

八甲田山 完全版

劇場版「八甲田山」ではカットされた、徳島大尉が案内人たちに「八甲田で見たことは一切口外してはならん」と言うシーンを追加した「八甲田山」完全版。映画の上映から5年後、昭和57年10月6日の日本テレビ「水曜ロードショー」で初放送された。2014年4月19日より、東京・恵比寿 東京都写真美術館にて開催された「山岳映画:特集上映-黎明期のドイツ映画から日本映画の名作まで-」にて35ミリニュープリントを上映。

天皇の世紀

幕末から明治維新の激動の時代を描いた大佛次郎の歴史小説を、1971年に朝日放送がドラマ化した全13話の作品を劇場公開。「七人の侍」の志村喬、「トラ・トラ・トラ!」の田村高廣など豪華キャストに加え、山本薩夫、今井正、三隅研次、篠田正浩などの巨匠たちが監督した大作。なお、作者他界により、原作は未完に終わった。
八千草薫(2019)

MIFUNE:THE LAST SAMURAI

“世界のミフネ”こと俳優・三船敏郎の偉業とその波乱に満ちた生涯に迫るドキュメンタリー。香川京子、司葉子らの共演者を始め、スティーヴン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシといった巨匠まで、三船に魅せられた人々の言葉からその魅力を解き明かす。監督は「収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性」でアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したスティーブン・オカザキ。

ゆずり葉の頃

一枚の画への想いを胸に軽井沢へ来た老母と周囲の人々が織りなす現代のメルヘン。監督・脚本は、故・岡本喜八監督夫人にして映画プロデューサーの中みね子(岡本みね子)。76歳にして挑んだ初監督作品。出演は八千草薫、風間トオル、岸部一徳、仲代達矢ほか。2014年10月31日より、鳥取県米子市ガイナックスシアターにて2週間先行公開。2015年5月全国公開。