スキャンダラスな女 愛と欲望の私生活

すきゃんだらすなおんなあいとよくぼうのしせいかつ
上映日
1992年6月6日

製作国
アメリカ

ジャンル
サスペンス・ミステリー エロス

ここが見どころ

夫への妄想に悩まされる妻の恐怖を描くエロティック・スリラー。監督は「ファントム・エンパイヤ」のフレッド・オーレン・レイ、製作はアラン・アミエル、脚本はマーク・トーマス・マギー、撮影はマイケル・デラハウセイ、音楽はルーイー・ラハヴが担当。

「スキャンダラスな女 愛と欲望の私生活」のストーリー

ジェニファー・リード(ヴァレリー・ワイルドマン)は、保険会社幹部の夫バクスター(ジョセフ・ボトムズ)が浮気していると考えて眠れず、睡眠薬を飲み過ぎ、階段から落ちて、車椅子に座る身になってしまう。夫バクスターは妻を騙しながら、部下アンナ(マーゴ・ヘミングウェイ)との情事を繰り返し、妻の世話のためにセクシーな看護婦リン(タニヤ・ロバーツ)を雇った。リンには夫殺しの嫌疑をかけられるという過去があったが、その謎を追っていたバクスターの部下ジェフ(ウィリアム・バトラー)は何者かに殺される。リンの不審な行動をバクスターは問い詰めるが、逆にリンはバクスターが妻殺しを計画し罪を自分になすりつけようとしているのだろうと切り返し、ジェニファー殺害のために手を結ぼうと提案する。計画実行の夜が来た。手はず通り、リンはクビになってリード家を去り、バクスターは妻を慰めるフリをする。だが結局はバクスターとジェニファーのヨリは戻り、企みの張本人リンは捕えられるのだった。

「スキャンダラスな女 愛と欲望の私生活」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スキャンダラスな女 愛と欲望の私生活」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー エロス
製作国 アメリカ
製作年 1991
公開年月日 1992年6月6日
製作会社 フレッド・オーレン・レイ・フィルム・プロ作品
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「スキャンダラスな女 愛と欲望の私生活」のみんなのレビュー

「スキャンダラスな女 愛と欲望の私生活」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。

「スキャンダラスな女 愛と欲望の私生活」を観ているあなたにおすすめの映画