スイングの少女

すぃんぐのしょうじょ
上映日
1951年5月29日

製作国
アメリカ

ジャンル
ミュージカル

ここが見どころ

「花の合唱(コーラス)」のジョー・パスターナクが製作した1948年度ミュージカル作品で、アリーン・レスリー作の人物からドロシー・クーパーとドロシー・キングスレイが脚本を創作、「風車の秘密」のリチャード・ソープが監督。撮影は「暴力行為」のロバート・サーティース、音楽はジョージ・ストールである。我が国初登場のジェーン・パウエルに「悪漢バスコム」のウォーレス・ビアリー、「若草物語(1949)」のエリザベス・テイラー「悩まし女王」のカルメン・ミランダ、「荒鷲戦隊」のロバート・スタック、バンド・マスターのザヴィエル・クガートらが共演する。なお、本邦公開プリントは、テニカラーのモノクロ版である。

「スイングの少女」のストーリー

缶詰会社を経営しているフォスター(ウォーレス・ビアリー)の長女ジュディ(ジェーン・パウエル)はハイ・スクールの女学生。親友の金持ち娘キャロル(エリザベス・テイラー)の弟オージー(S・ベネット)から愛を囁かれているが、ある晩「女は冷たくされれば燃え上る」という姉の指金でオージーがジュディとのデートを振ったことから、ジュディはドラッグ・ストアの店員スティーブン(ロバート・スタック)と知り合い、すっかり彼にのぼせてしまった。当ての外れたオージーがくさる一方、スティーブンはパーティーでキャロルを見染め、今まで男には目もくれなかったキャロルも、彼にはひとかたならぬお思召しとはなった。パーティーでルンバが踊れず恥をかいたフォスター氏は、ひそかにザヴィエル・クガート楽団の歌手ロジタ(カルメン・ミランダ)を招いてルンバを教わることになったが、それを見付けたジュディは父に隠し女が出来たと、すっかり世をはかなんでしまった。キャロルの父プリングル氏は、娘に恋人が出来たというのでスティーブンを調査させるが、腹をさぐられて怒った彼はプリングル氏に逆ねじを食わせ、その結果すっかり氏の覚えめでたくなる。フォスター氏の結婚記念日のパーティー、ジュディは父の秘密も解け、また今まで子供を構いつけなかったプリングル氏の父性愛も目覚めて、すべての誤解は一掃され、ジュディとオージー、キャロルとスティーブンには明るい日がやって来る。

「スイングの少女」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スイングの少女」のスペック

基本情報
ジャンル ミュージカル
製作国 アメリカ
製作年 1948
公開年月日 1951年5月29日
製作会社 M・G・M映画
配給 セントラル
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「スイングの少女」のみんなのレビュー

「スイングの少女」のレビューを書く


「スイングの少女」を観ているあなたにおすすめの映画