あめりか祭

あめりかさい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「オーヴァ・ザ・ヒル」「十三号室の女」のヘンリー・キングが監督した映画で「嵐の国のテス(1932)」「第一年」のジャネット・ゲイナー、「親爺は若い」「愉快な武士道」のウィル・ロジャース、「楽園の大河」「蹴球大学」のルー・エイヤース、「軟派ガール」「つばさの天使」のサリー・アイラース、「処女読本(1932)」「私重役様よ」のノーマン・フォスター、「ビール万歳」のルイズ・ドレッサー、舞台俳優のフランク・クレイヴン、ヴィクター・ジョリーという素晴らしいキャストである。原作はフィル・ストングが執筆し、「嵐の国のテス(1932)」「農園のレベッカ」のソニア・レヴィーンと「暁の耕地」のポール・グリーンが共同脚色した。撮影は「第一年」「嵐の国のテス(1932)」のハル・モーアの担当である。

「あめりか祭」のストーリー

フレイク家は寂しい田舎でささやかながらも、主人のエイベル(ウィル・ロジャース)、妻メリッサ(ルイズ・ドレッサー)、息子ウェイン(ノーマン・フォスター)、娘マージー(ジャネット・ゲイナー)の4人で楽しく暮らしていた。エイベルは豚の養殖に熱心で、ブルーボーイという優良な豚をこの秋の共進会に出して第1等に入選させようと、毎日ブルーボーイにつきっきりで、乳母が赤ん坊に対する以上に世話をやいていた。メリッサはご自慢のミンチ肉と漬物を出品するため、夫に劣らずおおわらわだった。フレイク家の後継者ウェインは、去年の共進会の余興の輪投げでは散々金を巻き上げられたので、今年こそはぜひとも仇討をと意気込み、毎日納屋の中で輪投げの猛練習を続けている。そのために、恋人のエリノアからしょっちゅう呼び出しの電話がかかってくるという有り様だった。マージーは純情な娘で、ハリー(フランク・メルトン)という許婚者がいた。ハリーはマージーに夢中なのだが、マージーはハリーに、ロマンチックなところが少しもないのがいやだった。フレイク一家が総出で共進会へ行くことになっても、ハリーはマージーに付き合わず、家業に精を出すという始末。フレイク一族はブルーボーイと共に、遠い田舎道をトラックに揺られて共進会場に赴き、期間中はそこに滞在することになった。ウェインは着くと、早速輪投げ屋台を訪れて大いに意趣晴らしをする。そこで美しい軽業師の乙女エミリー(サリー・アイラース)と知り合い、たちまち彼女に恋してしまう。マージーは、その晩ローラー・コースターに乗り合わせた新聞記者パット(ルー・エイヤース)の、男らしさに心を惹かれる。共進会の授賞式当日、具合の良くなかっただったブルーボーイは元気を回復して、みごと優等賞を獲得し、ミンチ肉も1等入賞となって、老夫婦は大喜び。ウェインは世馴れたエミリーから切り出され、後ろ髪を引かれる思いで彼女と別れる。一方パットに身も心も許したマージーは、再び彼に会えないかと嘆きながら帰途に就く。ウェインは恋人エリノアと会ってエミリーを忘れるが、マージーは寂しい毎日をふさいで暮らしていた。しかしある日、夕立が降り出した時にパットから電話がかかってきた。マージーは雷雨の中を、パットの許へ一目散に駆けていくのだった。

「あめりか祭」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「あめりか祭」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 フォックス映画
レイティング

「あめりか祭」のみんなのレビュー

「あめりか祭」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。