地獄への近道

じごくへのちかみち
上映日
1958年7月15日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「第三の男」「静かなアメリカ人」のグレアム・グリーンの原作「拳銃貸します」を、「千の顔を持つ男」のジェームズ・キャグニーが監督に進出して作った第1回作品。哀れな殺し屋の破滅の物語で、この原作は、アラン・ラッド主演により、彼の出世作として同じパラマウントで映画化されたことがある。前作の脚本W・R・バーネット作のものを、さらにテッド・バークマンとラファエル・ブラウが共同脚色し、撮影監督はハスケル・ボッグス。音楽はアーヴィン・タルボット。出演者はいずれも無名に等しい新人の登用という試みがなされ、「紐育ウロチョロ族」のロバート・アイヴァース、ジョーガン・ジョンソン、ウィリアム・ビショップ、ジャック・オーブション、ピーター・ボールドウィン、イヴェット・ヴィッカース、ジャクリーヌ・ベール等。製作A・C・ライルズ。

「地獄への近道」のストーリー

カリフォルニアのオークランドの安下宿の1室にカイル(ロバート・アイヴァース)という神経質そうな青年が住んでいた。下宿の浮気娘デイジー(イヴェット・ヴィッカース)の誘いにも手を出さぬ彼の職業は“殺し屋”だった。カイルの次の仕事は建設局の役人アダムズを殺すことだった。アダムスを殺した彼は、傭い主バーウェル(ジャック・オーブション)から1000ドルの報酬をもらった。ところがバーウェルはその紙幣の番号を、盗難にあっと偽って警察に知らせた。そのため、下宿代の支払いから足がついてスタン・ロアリー(ウィリアム・ビショップ)という刑事がカイル逮捕にやってきた。彼と下宿の主人との話を盗み聞いて逃げ出したカイルは、バーウェルへの復讐のため、バーウェルの本拠ロスアンジェルスに向かって急行列車にのりこんだ。列車の中で彼と隣あわせたのは、スタン刑事の恋人で歌手のグローリー(ジョーガン・ジョンソン)だった。彼女はナイト・クラブで歌う契約のためロスアンジェルスに行く途中だった。同じ列車に、バーウェルも乗っていた。女好きの彼はグローリーに目をつけていたが、車中にカイルを発見して列車を臨時停車させ、警察に急報させた。危険をさとったカイルはグローリーを人質にして列車をおり、ロスアンジェルスに近い小さなその町に潜入した。グローリーはカイルと別れてナイト・クラブに行ったが、そこの常連だったバーウェルの邸に連れられていって、カイルのことを問いつめられ、監禁された。スタン刑事がクラブで聞いてグローリーを探しにきたが、バーウェルの子分のニコルズに云いくるめられて帰った。その直後カイルが現われ、グローリーを助けて自動車を奪って逃走した。2人の乗る車は警察に追われて大きなアルミニウム工場に逃げこみ、2人はその地下室に閉じこもった。警察の包囲のうちに、グローリーは不幸なカイルの生いたちを聞いて同情した。夜が明けると、グローリーはカイルのレインコートと帽子を身につけてマンホールから地上に出た。警官隊が彼女をカイルと思って追いうち、カイルはバーウェルを射殺し、自分も弾丸をうけて死んだ。彼の手には、バーウェル一味の犯罪記録がしっかり握られていた。

「地獄への近道」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「地獄への近道」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1957
公開年月日 1958年7月15日
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ モノクロ/ビスタ

「地獄への近道」のみんなのレビュー

「地獄への近道」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません