地獄の艦隊

じごくのかんたい
上映日
1970年2月14日

製作国
アメリカ

ジャンル
戦争 アクション

ここが見どころ

戦略上の重要拠点であるマルタ島をめぐって展開する、ドイツ軍と英国特命艦隊の闘争を描く戦争アクション。監督は「新荒野の七人 馬上の決闘」のポール・ウェンドコス。S・S・シュバイツァーの原作をアンソニー・スピナー、ドナルド・フォード、デレク・フォードが脚色。撮影はポール・ビーソン、録音はノーマン・ボーランド、美術はトニー・プラット、編集はジョン・S・スミス、特殊効果はロン・バレンジャーがそれぞれ担当。製作には「クルゾー警部」のルイス・J・ラクミルが当たっている。出演は「宇宙からの脱出」のジェームズ・フランシスカス、ロナルド・アレン、エリザベス・シェパード、そのほかに「ベケット」のアイニゴー・ジャクソン、「栄光への脱出」のルーベン・バー・ヨータム、マーク・ホーキンズ、マグダ・コノプカ、タキス・エマニュエルなど。テクニカラー、ビスタサイズ。1969年作品。

「地獄の艦隊」のストーリー

1942年、戦略上の拠点であり、現在はドイツ軍の手に落ちているマルタ島攻撃の特命が、ジェフォーズ海軍少佐(ジェームズ・フランシスカス)に下された。彼は戦友のヤコブ兵曹長(ルーベン・バー・ヨータム)を連れてすぐさまマルタに飛んだ。着陸と同時にドイツ軍の砲火をうけ、輸送機は炎上したが、ジェフォーズたちは難を逃れた。そして、魚雷艦隊の司令官アシャースト(ロナルド・アレン)から、彼らは命令内容を伝えられた。攻撃目標はアウグスタ。伊軍の潜水艦基地であり、独軍のグライダー爆撃の貯蔵庫である。空からの攻撃は不可能と考えたジェフォーズは、海上からの攻略戦術を練らねばならなかった。このジェフォーズの到着は、ジョンソン(ドゥリュー・ヘンリー)、スタンホープ(アイニゴー・ジャクソン)、バーロー(マーク・ホーキンズ)らの将校たちから歓迎されなかった。型にはまらないジェフォーズと形式を重要視するアシャーストの間にも、出会い当初からなじめないものがあった。しかし、戦闘の日々をすごしているジェフォーズにも、心の憩いを与えてくれる人がいた。それは、この島に来て知り合ったアリソン(エリザベス・シェパード)であった。彼女はアシャーストの妻であるが、いまでは夫妻の愛は醒めていた。基地のパーティの席で、初めてその事をジェフォーズは知ったが、翌朝、すぐに彼は偵察任務のために、シシリー島に行ってしまった。そして、サルバトール(タキス・エマニュエル)の漁船に乗り換え、連絡員ルチアナ(マグダ・コノプカ)の案内で偵察をすませた。いよいよ、攻撃開始の時がきた。ジェフォーズとアリソンの愛を感知したアシャーストは、自らその攻撃に志願した。海底からの奇襲作戦は大成功だった。無事帰還したジェフォーズとアシャーストを見てアリソンは胸をなでおろした。そして気まずい沈黙の後、アシャーストとアリソンは手をとり合い、無言のジェフォーズの前を去って行った。(ユナイト配給*1時間35分)

「地獄の艦隊」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「地獄の艦隊」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争 アクション
製作国 アメリカ
製作年 1969
公開年月日 1970年2月14日
製作会社 ミリシュ・プロ作品
配給 ユナイト
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「地獄の艦隊」のみんなのレビュー

「地獄の艦隊」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。