地獄で眠れ

じごくでねむれ
上映日
1985年2月9日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

生体実験を繰り返す恐ろしい科学者を抹殺するため殺し屋が乗り込んでいく。製作はパンチョ・コーナー。エグゼクティヴ・プロデューサーはランス・フール。アソシエート・プロデューサーはジル・アイアランドとデイヴィッド・ブリングル。監督は「誕生日はもう来ない」(81)のJ・リー・トンプソン。R・ランス・ヒルの同名原作に基づいて、デイヴィッド・リー・ヘンリー、ジョン・クローザーが脚色。撮影はヤヴィア・ルヴァルカバ・クルーズ、音楽はケン・ソーンが担当。出演はチャールズ・ブロンソン、ジョセフ・メイハーなど。原題はシェークスピア作『ジュリアス・シーザー』第3幕2場のアントニーの台詞から引用したもの。トライスター映画提供。

「地獄で眠れ」のストーリー

中米の独裁国スリナム。ここの政府官邸で、モーロック博士(ジョーゼフ・マー)が残忍な生体実験を披露していた。彼のことを取材していたジョージの身体に電極がつけられ電流が流された。絶叫がひびきわたる。カリブ海にうかぶのどかな島ケイマン。ここに引退した殺し屋ホランド(チャールズ・ブロンンン)が住んでいた。メキシコの病院長ロムリン(ホセ・ファラー)が訪ねてきて、モーロック抹殺を依頼する。始めは引退したんだと断わっていたホランドも、モーロックの犠牲者の話を聞かされ、友人ジョージの死を告げられると、無料で仕事を引き受けた。ジョージの未亡人リアナ(テレサ・サルダナ)が同行をせがみ、8歳の娘サラ(ニコール・トーマス)を連れ、家族ということにしてガテマラに行く。モーロックはガテマラに、妹クレア(アントワネット・バウアー)、用心棒ランドルフ(レイモン・サン・ジャック)らと住んでいるのだ。ホランドは、まずランドルフを殺し、その死体をモーロック邸の前におき去りにした。モーロックは関係のあるCIA部員ブリッグス(ジョン・グローヴァー)に圧力をかける。一方、ホランドはクレアのアパートに侵入し、彼女を誘拐して友人の別荘に監禁する。モーロックの手下が別荘にやってきたが、カー・チェースの末に逃げ切る。だが、トランクにとじ込めていたクレアは、敵の銃弾で死亡していた。ブリッグスが追ってきたが、ホランドにやられてしまう。ホランド、リアナ、サラは石切り場に逃げ込んだ。そこでは、奇形の石工たちが多数働いていた。モーロックがやってきて、リアナを人質にとるが、ホランドが彼女を救出。石工たちがモーロックを見て、接近してくる。彼らはモーロックの残虐な生体実験の犠牲者だったのだ。石工たちはつるはしを彼に振り降した。その後、ケイマン島にホランド、リアナ、サラの姿があった。

「地獄で眠れ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「地獄で眠れ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1984
公開年月日 1985年2月9日
製作会社 パンチョ・コーナー/ランス・フール・プロ(ITCエンターテインメント)作品
配給 コロムビア映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「地獄で眠れ」のみんなのレビュー

「地獄で眠れ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/27

小山明子(1935)

インターミッション

取り壊しが決まった名画座・銀座シネパトスを舞台に、映画の休憩時間に交わされる会話劇によるブラックコメディ。本作のために、映画を愛する豪華キャスト、スタッフが集結した。出演は、「透光の樹」の秋吉久美子、「ヒミズ」の染谷将太、「まあだだよ」の香川京子ほか。監督は、本作が劇場用映画初監督となる樋口尚文。スクリーンサイズはシーンによりシネスコ、ビスタ、スタンダードと変化。

テレビに挑戦した男・牛山純一

テレビ草創期から活躍した名プロデューサー、牛山純一の生涯を関係者インタビューで振り返り、テレビが抱える問題を問いかけるドキュメンタリー。「エドワード・サイード OUT OF PLACE」の監督、佐藤真が10年越しの企画を実現した。証言者として、大島渚夫人で女優の小山明子(「日本の夜と霧」)などが登場。
上白石萌音(1998)

トロールズ ミュージック★パワー

「ボス・ベイビー」のドリームワークスが贈る、音楽好きな妖精の世界を舞台にした3Dアニメ。トロールズが暮らすポップ村の女王ポピーのもとに、ロック村の女王バーブから手紙が届く。この世界に別の仲間がいることを知ったポピーたちは胸を躍らせるが……。声の出演は、「ピッチパーフェクト」シリーズのアナ・ケンドリック、「女と男の観覧車」のジャスティン・ティンバーレイク。

楽園(2019)

吉田修一の『犯罪小説集』を「64 ロクヨン」の瀬々敬久が映画化。ある地方都市で起きた幼女失踪事件をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と紡は、それぞれの不遇に共感し合う。だが事件から12年後、再び同じY字路で少女が姿を消し、事態は急変する。出演は、「怒り」の綾野剛、「十二人の死にたい子どもたち」の杉咲花、「64 ロクヨン」の佐藤浩市、「居眠り磐音」の柄本明、「チワワちゃん」の村上虹郎。