女優ナナ(1934)

じょゆうなな
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「激情の嵐」「狂乱のモンテカルロ」のアンナ・ステンの渡米第一会主演映画で、エミール・ゾラの名小説を題材として「紐育・ハリウッド」の原作監督者たる故ウィラード・マックが「愛の鳴咽」のハリー・ワグスタフ・グリブルと共同して台本を作り「人生の高度計」「我等は楽しく地獄へ行く」のドロシー・アーズナーが監督に当たり、「羅馬太平記」「カンターの闘牛師」のグレッグ・トーランドが撮影した。助演は「宿命の窓」「第三の恋」のフィリップス・ホームス、「恋の凱歌」「青い部屋」のライオネル・アトウィル、「青春の頬づえ」のリチャード・ベネット、「スター悩殺」のメイ・クラーク、「最後の一人まで(1933)」のミュリエル・カークランド等である。

「女優ナナ(1934)」のストーリー

ナナは母親の死後、叔父夫婦の家に引き取られて行った。だがナナは、あまりに貧乏な生活に飽き飽きしていた。ナナは金が欲しかった。やがて、ナナの姿は繁華なカフェーに見受けられる様になった。彼女はいつもサタンとミミの相棒と共に媚笑を男たちに投げていた。1日ジョルジュ・ミュファ中尉とその飲み友達がナナ達の向こう側のテーブルに陣取った。グループの1人は、ナナに近寄って、しつこく言い寄った。ナナはうるさがってその酔漢を泉水の仲に突落した。人々は痛快がってナナに拍手を送った。その有り様を見ていたのは、アポロ劇場の劇場主グライナーだった。ナナの熱情的な態度と不思議な程に魅惑的な彼女の顔に、ナナが女優として天分があることを認めた。ナナ、アポロ劇場のナナ。人々は新しく現れた女優ナナの噂で持ちきっていた。初日人々はアポロ劇場に殺到した。勿論、ジョルジュも、ぐれん隊にまじって詰め掛けた。ジョルジュの兄のアンドレもアレクシス侯爵のお供をして難しそうな顔をして現れた。ミミもサタンも。ステージに立ったナナは素晴らしかった。ジョルジュはナナが以前カフェーけ会った女である事を知ると、舞台裏に彼女を訪ねた。ジョルジュは身も魂も彼女に奪われた。グライナーは喜ばなかった。年も恥じず彼はナナを心から愛していたからだ。グライナーは彼女に立派な家まで買って与えていたのだ。ナナとジョルジュは、グライナーの眼を忍んでよく逢った。ナナは生まれて初めて恋というものを知ったのだ。夏が来て、ジョルジュは、兄夫婦と共に、ヴェルサイユの別荘に行かなければならなかった。ナナはグライナーを口説いてヴェルサイユに別荘を買って貰った。それはジョルジュのいるミュフア家の別荘の隣だった。ナナとジョルジュはアンドレの眼を恐れて愛し合った。だが恐れていたアンドレに、2人の間がばれてしまった。アンドレはジョルジュの休暇を取消し彼をアルシェリアの部隊に送ってしまった。その上アンドレは、グライナーに弟とナナの関係をぶちまけてしまったのだ。ナナは、グライナーから追い出された。しかしジョルジュを愛し信じる、彼女は現在の生活も苦にならなかった。だがどうしたものか、いくらジョルジュに手紙を書いても返事が来なかった。その筈、ナナの手紙はナナの身を気づかうミミの手によってさかれていたのだ。丁度その時、アンドレが、ナナの後援を申し込んで来た。半ば自暴ぎみで、ナナは、それに応じた。ナナは再びステージに立った。そして昔日の人気を取り戻した。普佛戦争が起こった。アルジェリアからパリに帰ったジョルジュはナナの家に飛んで行った。ナナは夢かとばかりに喜んだ。ナナは、ジョルジュに、自分を連れてパリを逃げ出す様に頼んだ。ナナが居間で荷物をまとめている時にアンドレが現れた。兄弟は、ナナを中心に激情に走った。ジョルジュの手がサーベルにまで伸びた時、ナナの居間から銃声が起こった。ナナは華やかなしかし果敢ない自分の生涯の解決を自分でつけたのだった。

「女優ナナ(1934)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「女優ナナ(1934)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1934
製作会社 ユナイテッド・アーチスツ映画
配給 ユナイテッド・アーチスツ支社輸入
レイティング

「女優ナナ(1934)」のみんなのレビュー

「女優ナナ(1934)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/26

エイブ・ヴィゴーダ(2016)

アンダーワールド(1996)

自分と父親を陥れた真犯人を見つけるため、正体不明の謎の男に接近する青年のパラノイアックな復讐劇を描いた異色サスペンス。本作の後「マッド・ドッグス」(日本では98年1月公開)で監督デビューも果たしたヴェテラン俳優ラリー・ビショップ(本作で助演も)の脚本を、「スター・ウォーズ」(美術監督としてアカデミー装飾部門最優秀賞を受賞)、『The Sender』(日本未公開、監督作)のロジャー・クリスチャンの監督で映画化。美術はアキ・カウリスマキ監督作品(「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」ほか)でも知られるジョン・エブデン。出演は「ネオン・バイブル」のデニス・レアリー、「アンカーウーマン」のジョー・モントーニャ、「フューネラル」のアナベラ・シオラ、「ゴッドファーザー」のアベ・ヴィゴダ、「シリアル・ママ」のトレイシー・ローズほか。

シュガー・ヒル

ニューヨーク・ハーレムの暗黒街で、ドラッグ売買のトップにのし上がった2人の兄弟の葛藤を軸に展開する、愛と暴力に彩られたブラック・ムービー。監督はキューバ出身で、カンヌ国際映画祭で上映された「クロスオーバー・ドリーム」やテレビ映画「心臓が凍る瞬間」(日本では劇場公開)などの作品があるレオン・イチャソ。脚本はバリー・マイケル・クーパー。製作は「ラブ・クライム 官能の罠」のルディ・ラングレイスと、グレゴリー・ブラウン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・コミットメンツ」のアーミヤン・バーンスタインとトム・ローゼンバーグ、マーク・エイブラハムズの共同。撮影は「ディープ・カバー」「カリフォルニア(1993)」のボージャン・バゼリ。音楽はテレンス・ブランチャードで、ジャズ、ファンク、ソウル、ラップ、ヒップホップ、ブラック・コンテンポラリー、アフリカン・ミュージックからゴスペルに至るまで、さまざまなブラック・ミュージックの挿入曲が全編に流れる。美術は「再会の時」のマイケル・ヘルミー、主人公兄弟の人物造形や作品世界の上でも重要な要素を占める衣装は、「ディック・トレイシー」のエドゥアルド・カストロで、ヴェルサーチ、ヨージ・ヤマモトなどのスーツが使用されている。主演は「ニュー・ジャック・シティ」「デモリションマン」「ドロップ・ゾーン」など出演作が相次ぐウェズリー・スナイプスと、「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」『ファイブ・ハートビーツ』(V)のマイケル・ライト。「クロウ 飛翔伝説」のアーニー・ハドソン、「ビバリーヒルズ・コップ3」のテレサ・ランドルらが共演。