情炎夜曲

じょうえんやきょく
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「大尉の娘」に次いで製作されたフローレンス・ヴィダー嬢主演映画で、ハリー・ダバディー・ダラー氏がジャン・ド・リミュール氏と共同してジェルメン、モンクーザン両氏合作の劇「母」に題材を得て執筆した台本により、「婦人に御給仕」「セレナーデ」と同じくダバディー・ダラー氏が監督したもの。ヴィダー嬢を助けて、「君が為め命捧げん」「支那の鸚鵡」等出演のアルバート・コンティ氏、新進のロレッタ・ヤング嬢及びマティー・ケンプ氏、「狂乱街」「運は天に在り」のマリエッタ・ミルナー嬢、「特製運動服」のネッド・スパークス氏等が出演している。

「情炎夜曲」のストーリー

マルグリット・ラヴェルヌは良人に死別して以来一人娘のドゥニイズとの二人暮しでなに不足ない生活をして来たが、パリのジャズ流行のいわゆるモダン生活に興を覚え、毎夜のごとくナイトクラブで夜を明かして帰宅するのは朝日が出てからであった。ドゥニイズには母の振舞いが気に入らなかった。そして自分をまだ子供扱いにされるのがなおさら気に入らなかった。しかし彼女は母に逆らおうとはあえてしなかった。ドゥニイズにはユベエルという恋人があった。2人は公園のベンチに恋を語り、電話機を手にして各々のベッドに眠るという純真な若者だった。マルグリットは近ごろフィリップ・ドゥ・カステル伯爵と懇意になった。伯爵は情婦ジョルジェットを棄てて専らヴェルヌ夫人の御機嫌を取った。ドゥニイズの誕生日の夜宴には伯爵もユベエルも招待されて来た。その夜マルグリットは娘とユベエルとの婚約を承諾した。けれどもユベエルは伯父であり、後見人たる伯爵の許可を得ることが出来なかった。伯爵は三拍子揃ったパリ紳士として恋愛三昧の生活をいているためにかえって真の恋愛を解せぬようになっていた。彼は自分がマルグリットを真実愛していながらそれを何時もの浮気な濃いと誤認し、マルグリットをジョルジェットと同じような無節操な浮かれ女と誤解していたので、甥がマルグリットの娘と結婚したいと願っても許さなかったのである。そしてユベエルに自分の説が正しい証拠を見せるといってマルグリットを自宅に晩餐に招いた。ユベエルをカーテンの蔭にかくれさせて伯爵はマルグリットと2人きりで囁きながら飲みかつ食った。そして彼女にヴェニスへ遊びに行こうと誘いの水を向けた。しかし彼女はヴェニス行を新婚旅行として承諾したのだった。伯爵には意外だった。意外も意外それは喜ばしい意外だった。かくて急行列車にはマルグリットと伯爵、ドゥニイズとユベエルの2組の新婚旅行者を乗せてパリを発車したのである。

「情炎夜曲」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「情炎夜曲」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1928
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「情炎夜曲」のみんなのレビュー

「情炎夜曲」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません


「情炎夜曲」を観ているあなたにおすすめの映画